月曜日, 7月 22, 2024
ホームイベント「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」トークゲストは 歌舞伎俳優・市川猿弥 今回の高座では『蛙茶番』を披露!

「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」トークゲストは 歌舞伎俳優・市川猿弥 今回の高座では『蛙茶番』を披露!

“落語”と“歌舞伎”、新たな魅力を再発見!春風亭一之輔が歌舞伎の“傾く心(メンタリティ)”に迫る配信企画  第四弾!

松竹株式会社は、令和3年11月12日(金)19時より、春風亭一之輔による落語と歌舞伎俳優を交えたトークライブ、「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」を配信いたします。

「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」トークゲストは 歌舞伎俳優・市川猿弥 今回の高座では『蛙茶番』を披露!のサブ画像1

◆春風亭一之輔のカブメン。とは
「春風亭一之輔のカブメン。」は、ホストの落語家・春風亭一之輔が、毎回、歌舞伎俳優をトークゲストに迎え、
落語と歌舞伎の“傾く心”に迫る、落語ファン、歌舞伎ファンの双方が楽しめるオンライン配信シリーズ企画です。
冒頭ではゲストの「こんな噺が聴きたい!」というリクエストに応え、一之輔が落語を一席披露いたします。
「カブメン。」でしか観ることの出来ない、落語と歌舞伎、それぞれの分野で第一線をひた走る表現者同士の充実した時間をお届けいたします。
 

◆第四回のゲストは、市川猿弥
第四回目のゲストには、歌舞伎俳優の市川猿弥が出演いたします。市川猿弥は、7歳の時に子役として歌舞伎の世界に入り、1978年三代目市川猿之助(現・猿翁)の部屋子となりました。三枚目から敵役、時には女方も勤める幅広い演技力で、歌舞伎界に欠かせない存在となっています。歌舞伎の舞台ではさまざまな表情を見せますが、その素顔は厚いベールにつつまれている市川猿弥。第四回の「カブメン。」では、猿弥のミステリアス?な素顔と“傾く心”に、一之輔が迫ります!

◆大笑い必至!『蛙茶番』とトークをお届け 
今回の「カブメン。」が初顔合わせとなった一之輔と猿弥。収録前の挨拶から大いに盛り上がり、その熱がそのまま反映されたような、大いに盛り上がった会となりました。
 

「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」トークゲストは 歌舞伎俳優・市川猿弥 今回の高座では『蛙茶番』を披露!のサブ画像2

今回、一之輔が披露した落語は『蛙茶番』。実はあまり落語には明るくない、という猿弥からの「ぜひ、師匠おすすめの面白いお噺を」というリクエストに応え、一之輔が選んだ一席です。
芝居が大好きな江戸の町人たちが、『天竺徳兵衛韓噺』の配役をめぐる思惑と駆け引きをきっかけに繰り広げる、おかしな騒動とその顛末をお楽しみいただきます。
 

「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」トークゲストは 歌舞伎俳優・市川猿弥 今回の高座では『蛙茶番』を披露!のサブ画像3

高座披露につづくトークでは、一之輔の『蛙茶番』を大いに満喫し、気持ちも高揚した猿弥の軽妙なトークがさく裂します。
猿弥から、次から次へと語られる、子役時代から現在に至るまでの、まさに「カブメン。」でしか聴くことのできない裏話やこぼれ話は、量・内容共に圧巻。
これまであまり語られてこなかった、猿弥の芸にかける想いや、若き日から現在への気持ちの変化にも話題は及びました。

饒舌ながらどこか飄々としてつかみどころのない、市川猿弥の"傾く心"とは?是非、第四回の「春風亭一之輔のカブメン。」もお見逃しなく。
 

「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」トークゲストは 歌舞伎俳優・市川猿弥 今回の高座では『蛙茶番』を披露!のサブ画像4

◆「第四回 春風亭一之輔のカブメン。」 配信イベント開催概要

【出演】
ホスト:春風亭一之輔   ゲスト:市川猿弥

【内容】
落語 一席(春風亭一之輔)
トークライブ(春風亭一之輔、市川猿弥)

【開催・配信日時】
令和3年11月12日(金)
19:00~配信(90分程度を予定)

【チケット料金】
3,000円(税込)

【販売開始】
10月29日(金)12:00より イープラスにて発売開始

【公式サイト】
https://www.tokyo-kobiki-lab.com/?p=699

【チケット販売URL】
https://eplus.jp/kabumen4/
イープラスの予約システムを使用して、インターネットにて受付します
申込方法などの詳細は、イープラスページ内でご確認ください
※イープラス会員登録(無料)が必要になります

【ご視聴方法】
イープラス「Streaming+」
◎利用方法の詳細はこちら
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide
※配信チケットは11月19日(金)の20:00までご購入いただけます。
※配信開始後、ライブ配信終了後にチケットをご購入いただいた方も11月19日(金)23:59までアーカイブ配信をご視聴いただけます。
※本イベントは事前収録した映像の配信です。ライブ配信ではございませんので予めご了承ください。

主催・企画・製作:松竹 開発企画部・演劇ライツ部

松竹 開発企画部 公式サイト https://planning-development.shochiku.co.jp/

お問合せ: 松竹株式会社 カブメン。事務局
Mail:sh_engeki_kg_event@shochiku.co.jp

 

 
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments