月曜日, 12月 5, 2022
ホーム商品サービスバーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!

「Update Entertainment:高度な知識がなくても、誰もが気軽に作り、ファンと一緒に楽しめる環境を作る」をミッションに掲げるバルス株式会社(東京都中央区、代表:林範和)は、バーチャルアーティストがもっと気軽にライブを実施できるXRライブハウス「SPWN ARENA」を8月よりオープンします。

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!のサブ画像1_TopTop

■バーチャルライブを身近にするXRライブハウス「SPWN ARENA」

「SPWN ARENA」は、バルスの保有するスタジオからバーチャルライブライブを実施できる、バーチャル上のライブハウスとなります。
これまでのバーチャルライブは開催するのに高額な費用がかかり、個人のバーチャルアーティストの方が気軽にできるものではなく、バーチャルライブ自体が限られたバーチャルアーティストのものとなっておりました。
「SPWN ARENA」では、これまでSPWNが2018年より培ってきたバーチャルライブのノウハウを活用し、15万円から利用できる価格帯としながらも、それぞれバーチャルアーティストの個性をいかしたライブを簡単に開催できるライブハウスとなっております。

【バーチャルライブハウス:SPWN ARENA概要】

<ステージ>
360度ステージとなり、将来的には複数のステージを選択可能となります。

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!のサブ画像2_ステージ1ステージ1

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!のサブ画像3_ステージ2ステージ2

<機能紹介>

  • カメラ設定、照明、演出(エフェクト)などを、リアルタイム制御やエンジニアフリーでその場で設定できるようにすることで、通常の現実でライブのように手軽にXRライブができるサービスです。
  • 照明:リアルの照明制御機材から直接バーチャルの照明を操作することができるため、実際のライブハウスのようにリアルタイムで照明の操作が可能となります。また、基本のプリセットを設定してあるため、既存設定からの簡単な操作から、オリジナリティあふれる照明まで実現可能です。
  • 演出(エフェクト):最大80個の演出(エフェクト)が利用可能です。こちらも、リアルタイムで制御し、既存のものを出すだけではなく、リアルタイムでのパラメーターを変更することでオリジナリティ溢れる演出を行うことが出来ます。(リアルタイムでのパラメーター変更は年内実装予定です。)
  • ペンライト:キャラクターカラーに合わせてリアルタイムに変更可能です。
  • カメラワーク:最大32個のカメラに加えて、手持ちのカメラや、操作卓でリアルタイムで制御可能なカメラを準備しており、多彩な映像表現が可能です。
  • 音響:大規模なライブにも対応した機材、専門の音響スタッフで、迫力のある生歌唱をファンの方に楽しんでいただけます。
  • 映像演出:事前にご用意いただいた、過去のMVやオリジナルの演出映像をステージ上のスクリーンで投影可能です。

【オープニングライブ実施】


「SPWN ARENA」サービス提供開始の第一弾として、2022年8月26日に弊社所属のアーティスト「銀河アリス」のライブを実施いたしました。上記の機能を使ったライブのダイジェスト映像となっておりますので、お楽しみください。

ダイジェスト動画

 

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!のサブ画像4_ライブ映像1ライブ映像1

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!のサブ画像5_ライブ映像2ライブ映像2

バーチャルライブを身近にするために15万円から実施可能なXRライブハウス「SPWN ARENA」をオープン!のサブ画像6_ライブ映像3ライブ映像3

<料金>
料金プランは最低保証(平日:15万円〜、休日:17万円〜)有りのレベニューシェア(30〜80%)形式でご利用いただけます。身近なライブハウスでライブをするように、気軽にライブを実施可能です。詳細はお問い合わせください。

<SPWN ARENA 江口館長コメント>
弊社では、XR音楽ライブイベント、TUBEOUTを2018年から実施してきました。様々なVTuber、アーティストの方々とかけがえのない繋がりを得る事ができたのは、まさに初期から活動をご一緒してきたことが結んだ縁だと感じています。2022年のバーチャルシーンは、ファンの方が増え、多くの予算を掛けたイベントを実施出来るアーティストが増え、より多くの人が関わる場所になりました。TUBEOUT Vol.1から4年。長いようで、まだ4年です。
今、まさにあの頃のような規模で活動をされているバーチャルアーティストの方が、自分の表現力を発揮する場所を作り、一緒に大きくなる道をお手伝いしたい。
そんな気持ちで生まれたのが、バーチャルライブハウスSPWN ARENAです。3Dモデルのお披露目として音楽ライブを行いたい。普段2Dばかりで3Dモデルを使い切れていない。3Dの環境はあってもステージや音響の用意が難しい。オーダーメイドのライブは流石に予算がかかりすぎる。そういったお悩みに答えられる場所になるようなステージ。
ライブハウスをレンタルするような感覚でライブが出来る場所、身一つからの表現をお手伝いする場所。カルチャーになる拠点。
SPWN ARENAはみなさんと一緒に成長し、ぜひ出演したい場所となるべく、これから歩みを進めていきます。

<今後の展望>
今後の展望としてはオンラインだけではなくオフラインで気軽にできる体制の構築、ライブだけでなくグッズの商品化のサポート、演出内容やステージのバラエティを増やすなど順次対応予定です。

<お問合せ先>
https://balus.co/contact/

■バルス株式会社について
「Update Entertainment:高度な知識がなくても、誰もが気軽に作り、ファンと一緒に楽しめる環境を作る」というミッションのもと、アーティストとファンが世界中どこにいても一緒に楽しめる場所を創るという想いから始まりました。
XRを活用し地球の裏側にいるファンがリアルタイムでライブに参加し、熱狂できるXRプラットフォーム「SPWN ARENA」、アーティストがファンを理解するエンタメDXサービス「SPWN Portal」の2つのサービスを提供し、また、自社に所属する「XRアーティスト」を通じて新しいエンタメ・ライブ体験の創造に挑戦していきます。

■会社概要
バルス株式会社
設立:2017年
代表取締役:林範和
事業内容:ライブプラットフォーム「SPWN」の運営、エンタメDXツール「SPWN portal」の提供、XRコンテンツの企画・制作及び運営
URL:https://balus.co

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments