土曜日, 5月 25, 2024
ホームその他ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!

1993年10月1日に開局したZIP-FMは、今年開局30周年を迎えます。2023年3月31日(金)より「ZIP-FM 開局30周年プロジェクト」と題して様々なキャンペーンやイベントを展開していきます。

ZIP-FMは、1993年10月1日に開局し、おかげさまで今年2023年10月1日に開局30周年を迎えます。

これまでZIP-FMを応援してくれたリスナーへの30年間の感謝の気持ちを礎に、次の“未来”に向かって、“BEYOND THE RADIO”というステーション・テーマを掲げ、様々な「開局30周年プロジェクト」を展開していきます。

<開局30周年プロジェクト>

1.開局30周年コミュニケーション戦略 ロゴ・マーク

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!のサブ画像1

2.開局30周年公式キャラクター「Radiens(ラディアンズ)」

(2023年3月31日(金)~12月31日(日)までの期間限定)

初となる公式キャラクターのデザインは、愛知県内のデザイン系の大学や専門学校の学生を中心に募集し、200点以上の応募作品の中から“Radio”(ラジオ) + “Ailen”(エイリアン)を融合した「Radiens (ラディアンズ)」に決定しました。目と口で「30」を表し、アタマのアンテナから「ZIP」の文字が電波のように出ています。SNSの発信やプロモーション・グッズなどで展開していきます。

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!のサブ画像2

3.「ZIP OHANAMI STATION」


3月31日(金)~4月3日(月)鶴舞公園にて「ZIP OHANAMI STATION」を実施します。お花見を楽しむ人たちに向けて、ZIP-FMの公開生放送やアーティストライブをお届けします。
(ZIP OHANAMI STATION オフィシャルサイト:https://xs659855.xsrv.jp/os2023/

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!のサブ画像3

またこのイベントに合わせて、4月1日(土)、4月2日(日)にロゼワインを中心とした世界の11か国60銘柄のワインが飲み比べできるイベント「SAKURA WINE FESTIVAL」を開催します。

(SAKURA WINE FESTIVAL 2023 オフィシャルサイト:https://zip-fm.co.jp/wine23/

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!のサブ画像4

4.SDGsへの取り組み


ZIP-FMは、国際社会の共通目標として掲げられたSDGsに賛同し、メディアとしてSDGsの普及に貢献していきます。その一環として、2023年4月より名古屋から放送される電波の電力の30%をCO2フリーで地産地消の電気である 「愛知Greenでんき」 に切り替えます。

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!のサブ画像5

他にもSDGsの要素が込められたイベント「エシカル・ツキイチ・マルシェ」とコラボレートして、毎月1回実施していきます。「名古屋栄 久屋大通公園から、エシカルなお買い物で、地域と世界が笑顔でつながる!」をテーマに、人・社会・地球環境に配慮したエシカルな生活について、番組とも連動しながらイベントを通して提案していきます。

ZIP-FM 開局30周年キャンペーン&プロジェクト 発表!のサブ画像6

5.30th MUSIC DAY


ZIP-FMが開局30周年を記念して、ミュージック・ステーションならではの演出でお届けするスペシャル企画が、
「ZIP-FM 30th MUSIC DAY」です。海外には「ジャズ専門ラジオ」「クラシック専門ラジオ」など、特定の音楽ジャンル専門のラジオ局があるように、2023年4月~12月までの毎月30日は、ZIP-FMが特定の音楽ジャンル専門ラジオ局に変身します。1日中、ほぼ全曲をその音楽ジャンルに特化した楽曲をオンエアし、普段からZIP-FMを聴いているリスナーに向けてインパクト”を与えながら、「音楽」の楽しさを伝えていきます。

6.子供たちの“未来”をテーマに、大人も子供も楽しめる特別番組


子供たちの“未来”をリスナーと一緒に考えるという大きなテーマのもとに、子供たちが住みやすい社会、子供たちに聴かせたい音楽、子供たちと遊びに行きたい場所、子供たちのナビゲーター体験など様々な角度で番組を構成し、大人も子供も楽しめる特別番組をお届けします。

急速に変化し続けるこの時代、ZIP-FMは開局30周年から次の30年へとラジオ局の枠を飛び超え、東海エリアから世界の人々に向けて、人々の心を動かす“コンテンツ発信メディア”へと進化していきます。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments