日曜日, 7月 21, 2024
ホーム商品サービス次ロッ研主催“GoToオーディション”準グランプリ受賞バンド・Fusee(ヒューズ)!新たな第一歩を踏み出す全ての人に寄り添う春ソング『春と憂鬱』本日デジタル・リリース!(メンバーコメントあり)

次ロッ研主催“GoToオーディション”準グランプリ受賞バンド・Fusee(ヒューズ)!新たな第一歩を踏み出す全ての人に寄り添う春ソング『春と憂鬱』本日デジタル・リリース!(メンバーコメントあり)

羊文学、Creepy Nutsを擁する(株)次世代が開催した初のオーディション”GoToオーディション”にて見事準グランプリを獲得! 
back numberを敬愛するVo.伊藤純平が綴る、人には見せていない誰しもが抱えている痛みや苦しみ・日々の生活に感じるもどかしさに寄り添い、そこに光を刺すような歌詞が特徴的なFusee(ヒューズ)。渋谷・下北沢を中心に、全国でライブを展開しその名を着実に広めつつある今、ニューシングル『春と憂鬱』を本日デジタル・リリース!

1年の中で特に環境の変化を感じる"春”。誰しもが希望に満ち溢れているかのように見えるこの季節に、ふわりと舞う春風のような爽快なメロディに、あえて前に進むことへの怖さや新しい第一歩への不安を表現した歌詞が歌われている。
Fuseeが持つ特有の暖かさを具現化させ、“春“という季節から連想される、「卒業」や「桜」というワードを使わずとも、Vo.伊藤純平なりの解釈と思いを最大限に詰め込んだ、新しい角度からの春の名ソングがここに誕生したのである!令和の最重要唄モノロックバンド・Fusee!まさにこの瞬間に出会ってほしい。

羊文学、Creepy Nutsを擁する(株)次世代が開催した初のオーディション”GoToオーディション”にて1,000組を超える応募者のなかで見事準グランプリを獲得!

back numberを敬愛するVo.伊藤純平が綴る、人には見せていない誰しもが抱えている痛みや苦しみ・日々の生活に感じるもどかしさに寄り添い、そこに光を刺すような歌詞が特徴的なFusee(ヒューズ)。それに加えて、フォーキー且つ日本のロックの文脈を継ぐ美しいメロディと、それらを表現するスキルを携えたバンドの絶妙なバランスがリスナーの耳にすっと溶け込み、その名を着実に広めつつある。
そんなFuseeが、2023年第一弾デジタルシングル『春と憂鬱』を本日リリース!

1年の中で特に環境の変化を感じる"春”。 誰しもが希望に満ち溢れているかのように見えるこの季節に、ふわりと舞う春風のような爽快なメロディに、あえて前に進むことへの怖さや新しい第一歩への不安を表現した歌詞が乗せられている、Fuseeならではの春ソング。
<人生なにがあるかわからない/だから進むんじゃなくて恐れるのさ/平凡な日々を最上級とする><勇敢な僕らを前に/春の風が問いただしている/決めたはずの思いがまだ> と、押し隠した本当の気持ちを肯定しながら、寄り添い、誰かの心の居場所になるような一曲。Fuseeが持つ特有の暖かさを具現化させ、“春“という季節から連想される「卒業」や「桜」というワードをあえて使わず、Vo.伊藤純平なりの、春への解釈と思いを最大限に詰め込んだ、新しい角度からの春の名ソングがここに誕生したのである!
令和の最重要唄モノロックバンド・Fusee!まさにこの瞬間に出会ってほしい。

=== メンバーコメント ===
“春というと環境の変化を1番に思い浮かべます。自分は環境の変化に対して期待より不安がどうしても勝ってしまう。桜を観ると綺麗だなと思うと同時に、新生活が上手くいくか、これからどんな人と出会うのかなど、ふとした瞬間に不安な気持ちが訪れ憂鬱な気分になってしまいます。どんなに新しい生活が楽しみだと言っている人も、自分と同じように、必ずどこかに1%は不安があるはずだと思い、そんな誰しもが持っているであろう気持ちを表現し、寄り添える曲を書こうと出来上がった一曲です。
Fusee / Vo.伊藤純平

■Fusee Digital single『春と憂鬱』(はるとゆううつ)
配信:https://orcd.co/fusee_spring

次ロッ研主催“GoToオーディション”準グランプリ受賞バンド・Fusee(ヒューズ)!新たな第一歩を踏み出す全ての人に寄り添う春ソング『春と憂鬱』本日デジタル・リリース!(メンバーコメントあり)のサブ画像1

■Fusee 2nd EP『SKELETON』(スケルトン)
配信:https://orcd.co/fusee_skeleton
発売日:2022年8月10日(水) リリース

次ロッ研主催“GoToオーディション”準グランプリ受賞バンド・Fusee(ヒューズ)!新たな第一歩を踏み出す全ての人に寄り添う春ソング『春と憂鬱』本日デジタル・リリース!(メンバーコメントあり)のサブ画像2

M1. The light that illuminates you
M2. voice
M3. 空に泣く君
M4. 処暑
M5. 恋
All songs & lyrics by 伊藤純平

■Fusee『処暑』 (Official Music Video)

 

■Fusee『空に泣く君』 (Official Music Video)

 

■LIVE INFO
・3/25(土) Lym 0→1エイジ "MARCH"ツアー at 心斎橋BRONZE
・3/26(日) Lym 0→1エイジ "MARCH"ツアー at名古屋ロックンロール
・3/31(金) Lym 0→1エイジ "MARCH"ツアー at渋谷 スターラウンジ
・4/16(日) Bye-Bye-Handの方程式 pre.順風満腹突風TOUR at仙台enn 3rd   
・4/23(日) at渋谷DIVE
・5/6(土) GOLD RUSH 2023 at名古屋・栄・新栄 ライブハウス
・5/7(日) Brown Basket pre 『響命心』 at京都MUSE
・5/12(金) cadode pre.『残機3』 at 渋谷Star Lounge

<Fusee>プロフィール
2019年結成・東京4ピースロックバンドFusee(ヒューズ)
2021年、(株)次世代が開催した初のオーディション”GoToオーディション“にて、1,000組を超える応募者の中から準グランプリを獲得。
2021年4月に自主でリリースした「Raft」は業界関係者を中心に高く評価され、中でも収録曲「イエスマン」はJロックの新たなマスターピースであり、新人アーティストでありながらもMVは25,000回再生を突破!<人に言えない苦しみも時間を経てなくなるだろう/人を信じた後悔もいつか役に立つ時がくるだろう>という共感性の高い歌詞に救われるリスナーも多く、ライブでも非常に人気の高い楽曲となっており、渋谷・下北沢を中心に、ライブハウスシーンから頭角を現し着実にその名を広めている。
back numberを敬愛するVo.伊藤純平が綴る、人には見せていない誰しもが抱えている痛みや苦しみ・日々の生活に感じるもどかしさに寄り添い、そこに光を刺すような歌詞が特徴的。それに加えて、フォーキー且つ日本のロックの文脈を継ぐ美しいメロディと、それらを表現するスキルを携えたバンドの絶妙なバランスが魅力。まさしく、令和の最重要歌モノロックバンドである。
2022年8月に2ndEP『SKELETON』をリリース。2023年3月15日(水)には、『春と憂鬱』をデジタル・リリース。

Fusee:
Vo/Gt 伊藤純平
Gt. みとめ
Ba. ななみ
Dr. ふじーあきら

■HP https://fusee-2.jimdosite.com/
■Twitter https://twitter.com/Fusee_offcial
■Instagram https://www.instagram.com/fusee_official/
■YouTube https://www.youtube.com/@fuseeofficial7831

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments