火曜日, 6月 28, 2022
ホーム商品サービスモノクローム・スタイル誌CORBEAU NOIR創刊。表紙に米倉涼子

モノクローム・スタイル誌CORBEAU NOIR創刊。表紙に米倉涼子

フォトグラファー田中了が表現するモノクロームの世界観

クリエイティブ・マガジン「Plus81」などを発行するPlus81publishersより、モノクローム・スタイル誌CORBEAU NOIR(コルボノワール)が10月29日(金)に創刊される。表紙を飾るのは女優・米倉涼子。フォトグラファー田中了が撮りおろしたモノクローム写真と、plus81編集長の山下悟が注目する4名のアーティスト作品で構成された全52ページのモノクローム・スタイル誌だ。

モノクローム・スタイル誌CORBEAU NOIR創刊。表紙に米倉涼子のサブ画像1

CORBEAU NOIRはフォトグラファー田中了とplus81編集長の山下悟のコラボレーションで生まれた雑誌。タイトルの「CORBEAU NOIR(コルボノワール)」とは、闇夜の鴉“Corbeau de la nuit noire”フランス語の略。闇夜に佇む鴉を見極める眼を養い、色彩のない世界で、物事の本質を見極め、想像力を湧き上がらせる。色彩情報から解放されることにより、モノクロームの世界に潜む本人も気づかない本性や未来の姿を被写体から感じ取るモノクローム・スタイル誌だ。 

 

創刊号のテーマは「挑戦」。現代社会の様々な場で活躍する7人の女性のポートレート写真と、4人の気鋭のアーティストたちの作品で構成されている。創刊号の表紙に登場したのは女優の米倉涼子。自身が主演をつとめる人気テレビドラマ「ドクターX」新シリーズがスタートし、さらなる話題を集めている存在だ。他、誌面に登場するのは次世代の注目女優やモデル6人。愛甲ひかり、安藤ニコ、る鹿、横田ひかる、Amity、南琴奈(登場順)と豪華な顔ぶれが揃った。

モノクロームの世界を表現する女性たちを撮りおろしたのは、田中了。

 

2000年代にファッションブランド「SATORUTANAKA」を立ち上げ、東京のファッションシーンを牽引した田中了は2009年より発表の場をニューヨークに移すなど精力的に活動。近年まで世界27カ国を巡りながらクリエイションワークを行ない、現在東京に戻り写真家としての創作分野を広げている。これまでも自身のブランドのルックや、ディレクションを手がけるプロジェクトの広告キャンペーンを自らが撮影してきた田中。 CORBEAU NOIRではソフトフォーカスな表現で被写体の内なる魅力を描き出している。

10月29日(金)より、amazon、大手書店で限定数量発売予定。今後、年2回の発行予定。

定価 2,200円税込

サイズ:A3変型(400mm x 297mm)

発売元 Plus81publishers

発行人・編集長 山下悟

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments