日曜日, 11月 27, 2022
ホームイベント兵馬俑と古代中国 秦漢文明の遺産 開催

兵馬俑と古代中国 秦漢文明の遺産 開催

名古屋市博物館、中日新聞社、東海テレビ放送、東海ラジオ放送、陝西省文物局、陝西歴史
博物館(陝西省文物交流中心)、秦始皇帝陵博物院は日中国交正常化50周年を記念して、
「兵馬俑と古代中国 秦漢文明の遺産」を9月10日(土)から11月6日(日)まで名古屋市博物館で開催します。

兵馬俑と古代中国 秦漢文明の遺産 開催のサブ画像1

【開催趣旨】

秦の始皇帝は約550年続いた群雄割拠の春秋戦国時代を終結させ、紀元前221年に史上初めて中国大陸に統一王朝を打ち立てました。秦はわずか十数年で滅亡しましたが、始皇帝の墓に眠る兵馬俑は、その絶大な国力を現代に伝えています。

紀元前202年、劉邦が西楚の項羽を破って中国再統一を果たした漢王朝は、秦の国家制度を引継ぎ、黄金時代を築きました。

戦国時代につくられた小さな騎馬俑は、なぜ始皇帝陵では突然等身大の兵馬俑となり、漢代では再び小さくなったのか?本展では、秦漢王朝の中心地域であった現在の陝西省の出土品を中心に、日本初公開の中国国家一級文物(最高級の貴重品を指す中国独自の区分)を含む約200点から、古代中国史の謎に迫ります。

第1章 統一前夜の秦~西戎から中華へ

第2章 統一王朝の誕生~始皇帝の時代

第3章 漢王朝の繁栄~劉邦から武帝まで

特設展示 春秋戦国時代を描いた人気漫画「キングダム」のパネル展示コーナー

 

【開催概要】

◆会場 名古屋市博物館 (名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)
◆会期 令和4年(2022) 9月10日(土)~11月6日(日)
    休館日  毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日、9/20は臨時開館)・第4火曜日
◆開館時間 9時30分~17時00分 (入場は16時30分まで)
◆主催 名古屋市教育委員会・名古屋市博物館、中日新聞社、東海テレビ放送、
    東海ラジオ放送、陜西省文物局、陜西歴史博物館(陜西省文物交流中心)、秦始皇帝陵博物院
◆後援 外務省、中国大使館、公益社団法人日本中国友好協会、JR東海
◆協賛 DNP大日本印刷
◆特別協力 駐名古屋中国総領事館、一般社団法人東海日中貿易センター
◆協力 一般財団法人日本中国文化交流協会、東海大学情報技術センター、株式会社国際デザインセンター
◆観覧料 一般1,800(1,600)円・高大生900(700)円・小中生500(300)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※高大生・中学生は学生証等を提示してください。
※障害のある方は手帳の提示、難病患者の方は受給者証の提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額になります。
※本展の前売券(販売は7月20日から9月9日(金)まで)当日券および障害者等割引観覧券は、名古屋市博物館、Boo-Woo(ブーウー)チケット、チケットぴあ(Pコード:686-130)、ローソンチケット(Lコード:43505)、セブンチケット、イープラス、中日新聞販売店、ミュージアムチケットなどで販売します

【公式ホームページ】
https://heibayou-nagoya.jp

【問い合わせ】
名古屋市博物館 〒467-0806名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1

 

TEL:052-853-2655   FAX:052-853-3636

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments