土曜日, 12月 3, 2022
ホーム商品サービスEcoFlowジャパンブランドアンバサダーに中田英寿氏が就任。EcoFlow Houseで撮影したキービジュアルを公開

EcoFlowジャパンブランドアンバサダーに中田英寿氏が就任。EcoFlow Houseで撮影したキービジュアルを公開

中田氏を起用したポータブル電源「DELTA 2」新ビジュアル解禁!スペシャルムービーも公開中。

最先端のポータブル電源やクリーンな電力技術を開発するテクノロジー企業、EcoFlow Technology Japan株式会社(本社:東京都江東区、以下EcoFlow)は、元サッカー日本代表で実業家である中田英寿氏がジャパンブランドアンバサダーに就任したことを発表いたします。アンバサダー就任にあたり、長野県伊那市にあるEcoFlow House(https://jp.ecoflow.com/pages/ecoflow-house)で撮影したキービジュアルを公開いたしました。

EcoFlowジャパンブランドアンバサダーに中田英寿氏が就任。EcoFlow Houseで撮影したキービジュアルを公開のサブ画像1

EcoFlowは「Power a New World / そのパワーが新しい世界へ。」をビジョンに、2017年創業以来、ポータブル電源をはじめ、インドア・アウトドア問わず幅広いシーンで使用できる画期的な製品を世の中に送り出してきました。中田英寿氏は、プロサッカー選手として現役時代はもちろんのこと、引退後も、日本中を旅する中で出会った素晴らしい日本文化を発信するプロジェクト「にほんもの」を通して、世界中にその魅力を発信し続けています。EcoFlowは、中田氏の取り組みや姿勢に感銘を受け、ジャパンブランドアンバサダーに就任していただくことを決定いたしました。

EcoFlowジャパンブランドアンバサダー就任に際して、中田氏は次のようにコメントを寄せています。

EcoFlow Houseでのインタビューより
「人間が本当の意味で自由に生きるために必要なものは、食べ物とエネルギー。この2つのものから自由にならないかぎり本当の意味での自由は手に入れられないと思います。日本には四季があり、山や森林が多く、自然環境的に恵まれています。地震や台風など、自然災害も多く発生しますが、それも含めて自然です。それを理解して、しっかり向き合っていくことができれば、日本は非常に豊かな国だと思います。食べ物に関しても、エネルギーに関しても、自分達の環境を活かして、いかに自分達だけで回せるか。EcoFlowは新しいエネルギーを活用することによって、それらがきちんと回る仕組みづくりにチャレンジしていると思います。今回の取り組みを通して、人々の生活の中でもっと自由になれるものが増え、それを使ってどんな幸せな生活を描けるのか、様々なことに挑戦していきたいです。」

中田氏はEcoFlowを象徴する存在として、本ブランドの公式サイト、SNS、取り扱い店舗、広告など、各種媒体に登場いたします。また、EcoFlowは、中田氏が取り組んでいる世界に誇れる日本の素晴らしい伝統文化を発信するプロジェクト「にほんもの」や日本最大級の”SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK」の活動および、国内外を旅する際のオフィシャルサポーターとして中田氏を応援してまいります。

EcoFlowジャパンブランドアンバサダーに中田英寿氏が就任。EcoFlow Houseで撮影したキービジュアルを公開のサブ画像2

ブランドアンバサダー特設ページでは、中田氏が出演する「DELTA 2」ウェブCMのほか、中田氏へのインタビュー、長野県諏訪市にある七号酵母発祥の酒蔵「宮坂醸造」訪問の様子など、スペシャルムービーを公開しています。また、中田氏のアンバサダー就任を記念して、中田氏が訪れた「宮坂酒造」の日本酒「真澄」と「にほんものストアオリジナル 氷紋硝子SAKEグラス」をセットにした、EcoFlow×にほんもの特別コラボセットが抽選で10名様に当たるプレゼントキャンペーンを実施中です。

【中田英寿氏EcoFlowブランドアンバサダー就任特設ページ】

https://jp.ecoflow.com/pages/hidetoshi-nakata-be-brand-ambassador

【中田英寿氏プロフィール】

EcoFlowジャパンブランドアンバサダーに中田英寿氏が就任。EcoFlow Houseで撮影したキービジュアルを公開のサブ画像3

元サッカー日本代表。2006 年、29 歳でプロサッカー選手を引退。 2009 年から全国 47都道府県をめぐる旅をスタート。この旅をきっかけにこれまで 400 を超える酒造を訪問。日本酒の文化的可能性を強く感じたことから、2015 年に株式会社 JAPAN CRAFT SAKE COMPANYを設立。日本酒に関するコンサルティング、日本酒開発やイベントコンサルティング、日本酒アプリ「Sakenomy」、日本酒のトレーサビリティーシステム「SakeBlockchain」の開発など、幅広い活動を行っている。日本酒の活動以外にも、2020年 8月には東京国立近代美術館工芸館の名誉教授に就任。日本の伝統文化や食・人に注目し、その魅力を伝えるために、幅広い活動を行っている。また、世界に誇れる日本の「いいもの」を紹介する WEB メディア「に・ほ・ん・も・の」や厳選した作り手を紹介し多言語で出版される書籍「に・ほ・ん・も・の」(KADOKAWA)、ラジオ番組「TDK VOICES FROMNIHONMONO」(J-WAVE毎週日曜日)など、多くのメディアで情報を発信している。
 

  • EcoFlowについて

EcoFlowジャパンブランドアンバサダーに中田英寿氏が就任。EcoFlow Houseで撮影したキービジュアルを公開のサブ画像4

EcoFlow Technology(エコフローテクノロジー)社は、独自の研究開発による技術革新でポータブル電源の新しい可能性を切り開く最先端テクノロジー企業です。ドローン(無人航空機)分野で世界シェア7割以上と言われる中国企業DJI 出身のメンバーが集まり、「クリーンな電力へ、誰でも簡単にアクセス出来る社会」を実現するべく、2017年に設立されました。中国・深センに研究開発および事業拠点を置き、現在1000名以上の社員と共に世界90ヶ国以上で事業を展開しています。2019年には、日本法人であるEcoFlow Technology Japan株式会社が設立されました。 EcoFlowは、人々の生活をより良いものにするクリーンな電力技術を開発することを目的とし、安全性と利便性に焦点を当て、次世代に向けた最先端のポータブル電源を開発しています。アウトドアやDIYなどの趣味活動だけでなく、あらゆる産業、災害対策といった幅広い場面で人々の活動に不可欠な電力エネルギーを提供し、新たな生活環境や業務活動の機会を生み出します。
詳細は下記公式ウェブサイトをご覧ください。
https://jp.ecoflow.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments