火曜日, 12月 6, 2022
ホームイベント国内唯一のスタンダップコメディ・フェスティバルが盛況のうちに閉幕!

国内唯一のスタンダップコメディ・フェスティバルが盛況のうちに閉幕!

日本の観客にも世界の考え方を知ってもらうための足掛り

日本スタンダップコメディ協会 会長清水宏 (運営事務局:合同会社清水宏)は、日本中にスタンダップコメディを認知してもらい、広める足掛りとして、2022年7月12日(火)~18日(月)に、新宿にて、ジャーナリ スト、文化人、アーティスト、ラッパー、詩人、コメンテーター、そしてお笑い芸人有志の方々などジャンルを超えた豪華ゲストを迎え、スタンダップコメディ・フェスティバルを開催し、劇場が熱気に包まれました。今後も、相互関係的(インタラクティブ)芸術であるスタンダップコメディを一人でも多くの人に体験してほしいという願いで、日本全国に広めていきます。

国内唯一のスタンダップコメディ・フェスティバルが盛況のうちに閉幕!のサブ画像1

日本スタンダップコメディ協会 会長 清水宏の想い

2022年7月12〜18日まで新宿の雑遊で催されたスタンダップコメディ・フェスティバルで、芸人の村上ショージや久本雅美、コラアゲンはいごうまん、中川パラダイス、ラッパーのダースレーダー、いとうせいこう、林家彦いちや立川談慶や玉川太福ら伝統芸能家、ジャーナリストの望月衣塑子や脳科学者の茂木健一郎、コメンテーターのモーリーロバートソン、評論家の古谷経衡、ミュージシャン嘉門タツオとジャンルを超えて広く社会を風刺し、あらゆることをネタにするスタンダップコメディの幅広さと、れいわ新選組の山本太郎、水道橋博士だけでなく一水会の木村三浩、さらには無所属で次期選挙に出馬する長井秀和氏をゲストに迎え政治や宗教をネタにした笑いも右から左まで、スタンダップコメディならではの多様な切り口を見せることができたと思います。

さらにアマチュアや初心者の方が飛び入り参加するオープンマイクや、20代のアイドルやインフルエンサーの皆さんがオリジナリティあふれる目線で未来を語る回もあり、テレビのお笑いではカバーしきれないコメディの広がりと可能性を色々な人に知ってもらう第一歩となったと思っています。

誰もが自分の意見を言っていい、しかもユーモアを持って面白く魅力的にオーディエンスにアピールする、それが広くこの日本社会に広がることで、政治レベルだけではない普通の生活の中でも表現の自由、コミュニケーションすることのかけがえのない楽しさをこれからも訴えていきたいです。

いま人の容姿や年齢や性別や生まれ育ちをバカにする差別する笑いや表現を卒業して、人間が人間を認め合うエンタテイメントの時代になりつつあります。

お笑い芸人さんの中にはやりづらさや、違和感を持ち「笑いはそもそも差別的なものだ」という人もいますが、差別がなくても面白い(そもそも世界の多様な人達に向けているために差別から自由な)スタンダップコメディの面白さと自由な魅力を是非たくさんの人に知っていただき、ステージや客席でどんどん参加していただきたいです。

スタンダップコメディは参加とシェアのエンタメなのです!

是非、今後のスタンダップコメディの活動を注目してほしい!!よろしくお願いします。

・清水宏web URL:https://shimizuhiroshi.net

・屋根裏のオレンジ(YouTube): https://www.youtube.com/channel/UC8itJsRde_yT4VUd-RM77mw

・清水宏Twitter  https://twitter.com/engeki_shimizu
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments