日曜日, 11月 27, 2022
ホーム商品サービス8小節トラックアワードからレコードレーベル「DIG8 Records」が発足

8小節トラックアワードからレコードレーベル「DIG8 Records」が発足

集まった合計1,822曲、736名の中から精鋭アーティストが結集

8月16日(火)に第1弾 Taiyo Ky & 余興「ゆっくりすればいいじゃん」をリリース

8小節トラックアワードからレコードレーベル「DIG8 Records」が発足のサブ画像1

8小節をきっかけに本当に好きな音楽に出会えるサービスを提供する、株式会社クロスフェーダー(本社:京都府京都市、代表取締役:名波俊兵、以下 当社)は、音楽レーベル「DIG8 Records(ディグ・エイト・レコーズ)」を設立します。設立と同時にレーベル第1弾として「ゆっくりすればいいじゃん」(Taiyo Ky & 余興)を各種音楽ストリーミングサービスでデジタル配信します。

【8小節トラックアワードとは】
「10秒から30秒の8小節は楽曲として成立する」
動画が8小節の音楽に連動するアプリ「ムビート」を運営する中で私たちは気づきました。
そこで、8小節トラックアワードというコンテストを世に提案したところ、第1回で531曲、第2回で1,291曲が集まりました。数はもちろんのことクオリティも素晴らしく100曲以上を「ムビート」で配信したり、Bandcampでコンピレーションアルバムをリリースさせていただきました。
https://8bar-music.com
https://apps.apple.com/jp/app/id1435761492
https://8-bar-music.bandcamp.com/album/8-88-vol-1

【DIG8 Recordsとは】
各賞に輝いた受賞者を始めとした、知られざる優れた才能の持ち主が多数いることを発見し、その才能を世に問うべく設立しました。
8小節(8)を端緒として、音楽を探して(DIG)、楽しめるレーベルDIG8を目指します。
体制としては、日本におけるマッシュアップの第一人者で、代表作が再生回数1,000万回超を誇るノボイスキ(Moonbug)、及び元BEAT CRUSADERSで、現Sony Music Labelsのサウンドディレクターも務めるクボタマサヒコを始めとしたアーティスト陣を抱え、8小節トラックアワードのアーティストをディレクション・プロデュースしていきます。
今後も、継続的に開催する8小節トラックアワードを通じて、才能の発掘、楽曲の制作支援、デジタル配信をして参ります。

【ゆっくりすればいいじゃん】
記念すべき第1回 8小節トラック™アワードでグランプリに輝いたシンガーソングライター「Taiyo Ky(タイヨー・カイ)」と、同コンテスト審査員賞のシンガーソングライター「余興(よきょう)」がコラボ、グランプリ受賞曲『ゆっくりすればいいじゃん』をフルver.に。
日々忙しく過ごしてる2人がたまの休みに「ゆっくりすればいいじゃん」と労り癒し合う作品。そんなに会えはしないけど、お互い素直に頼り合っている心の内を女性側の視点から描く。 90’s HipHopを彷彿とさせるどっしりとしたビートメイクをTaiyo Kyが大胆にアレンジ、さらに余興のもつラウンジテイストの麗しいメロディセンスで仕上げたチルでファンキーなチューン。そんな"南国で小さなバカンスを過ごしているような"トラックに、温かく飾らないTaiyo Kyの歌声と、ふわふわと転がる、それでいて透明感のある余興のラップが展開される様子は、聴き手を"ゆっくり"な気持ちにしてくれる。
ジャケットアートはAfternoon Teaのグッズや多くの誌面で活躍するイラストレーターkilldisco氏。

https://killdisco.work/
 

配信:
https://linkco.re/EvY9xbR7

YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=gYqFdPNI10U

 

【今後の予定】
第2弾、第3弾のリリースとして以下を予定しています。

■DIG8 Records コンピレーション from 8小節トラックアワード Vol.1 (8月末予定)
第1回、第2回の応募者から選ばれた43名のアーティストによるコンピレーションアルバム。各アーティストが自らの8小節の応募作をモチーフに現代ならではのショートミュージックに仕上げました。

■ゆっくりすればいいじゃん Remix(9月上旬予定)
今回の「ゆっくりすればいいじゃん」を余興自らがRemixするVer.。Chillな原曲をhyperpopにアレンジ。
 

【Taiyo Kyプロフィール】
横浜出身、現在はクアラルンプールを拠点に活動するシンガーソングライター兼トラックメイカー。
ダウンテンポ、Lo-fiビート、ファンク系、R&Bなどのトラックメイクに優れた才能を発揮し、自らもシンガーとしてのギフトを持ち合わせているオールラウンドプレーヤー。
別名義である「Mr. Shirai」では、Lo-fi HipHopのビートテープや様々なレーベルのコンピレーションアルバムなどに参加。
公式プレイリストに多数の楽曲がアップされ、現在両プロフィールのSpotify再生回数は1,000万回を越える。
また、日本・海外アーティストとのコラボレーションや企業用(マレーシアのテレビ番組、シンガポールや日本の会社など)の楽曲提供など幅広く活動中。
 

【余興プロフィール】
東京を拠点に活動するシンガーソングライター兼トラックメイカー。独自の価値観や豊かな言葉選びを活かしたリリックと、高らかで艶があり透き通った歌声が評価されている。
またトラックメイカーとしてHouse、Drum&Bass、FutureBass、Hardcore等ダンスミュージックを中心に多様なジャンルの楽曲制作を行う。
2021年に第1回8小節トラックアワード審査員賞を受賞し、同物理祭Vol.1にDJとして出演。同年エイベックスよりFAKY「It's a small world(YOKYO&OMKT Remix)」がリリースされる。
2022年、Sony Musicの新人プロジェクト「He & She」に自身が作詞・作曲した「君とサルビア」が採択され、作家デビューを果たす。
 

【君とサルビア】
■He & She
恋愛ソングプロジェクト”He & She”、新曲「君とサルビア」She ver.ゲストボーカルに、TikTokで65万フォロワーを超えるシンガー・むトを起用!青春botによるジャケット&リリックビデオも公開! 

彼(He) と彼女(She) 、恋愛にまつわる一つの楽曲を男女それぞれのヴォーカリストで表現するプロジェクト・He & She (ヒー・アンド・シー)。匿名で謎に包まれるが、ジャンルレスに歌い上げる魅力的なヴォーカルの持ち主であるHe。普遍的な日常、何気ない風景を描いた楽曲に合わせて、オムニバス的に女性ヴォーカル(She)を迎えて届けられるショートフィルムのような音楽プロジェクト。
HeとSheが、それぞれの想いや目線はありつつも、同じ言葉を1つの楽曲に乗せて歌うことで、一つの景色をより”色彩豊か”に、時にはシチュエーションを対比するように2つの側面から別の言葉で歌うことで、印象深く深みを持って”色鮮やか”に浮かび上がらせる。
Instagram https://www.instagram.com/he_she_music/
TikTok https://www.tiktok.com/@he_she_music
Twitter https://twitter.com/He_She_Musi
YouTube https://www.youtube.com/c/HeSheMusic

monogatary.com TikTok
YOASOBIを輩出した小説とイラストを中心とした投稿サイト「monogatary.com」のTikTokと今作「君とサルビア」がコラボレーション施策を実施中。コメント欄への書き込みで簡単に参加できる。
https://www.tiktok.com/@comeran_monogatary
 

■He & She 「君とサルビア(He said)」
2022.8.3 out
配信:
https://kmu.lnk.to/KimitoSalvia
YouTube(リリックビデオ):
https://t.co/GfnREgfWN1

Vocal Starring: He
作詞・作曲: 余興

編曲: maeshima soshi
SASAKRECT Inc.所属。作詞/作曲/編曲すべて行い、自身のリリースも積極的に行う音楽プロデューサー。プロデュースした楽曲のストリーミングの総再生数は1億回を超えている。新進気鋭のラッパーからジャニーズ、LDH、Youtuber、Vtuber、アニメ主題歌までを〝 maeshima サウンド 〟に仕上げ、Z世代から圧倒的な支持を得る、変幻自在なクロスカルチャープロデューサーである。
https://sasakrect.com/creator/maeshima-soshi/
Spotify https://open.spotify.com/artist/4O49GHbECmNppFvzK0WZXf?si=jMvIo9hGSCqP2knPNpIJcw&dl_branch=1
Instagram https://www.instagram.com/maeshima_soshi/
Twitter https://twitter.com/maeshima_soshi

Illustration: 青春bot
青春系イラストレーター。
Twitter https://twitter.com/seisyunbotdesu
TikTok https://www.tiktok.com/@seisyunbot
Instagram https://www.instagram.com/seisyunbot/

■He & She 「君とサルビア(She said)」
2022.8.10 out
配信:
https://kmu.lnk.to/KimitoSalvia
YouTube(リリックビデオ)
https://t.co/52TR7msDSE

Vocal Starring: むト
広島県出身。19歳。2018年1月、SNSにカバー動画を投稿し活動をスタート。活動開始から現在まで、カバー動画や弾き語り動画をYouTubeやSNSに投稿、さらにソロの活動にとどまらず様々なコラボやfeat.にも参加している。綺麗で力強いのにどこか儚げで消えてしまいそうな耳から離れない声が特に若い世代から多く支持されている。唯一無二の透明感のなかにエッジを含んだ歌声で注目を集めているシンガー。
TikTok https://vt.tiktok.com/ZSfbEa4Y/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCrX-PLaQfugZ3NtHdUKqOHg
Instagram https://www.instagram.com/muto.k___/
Twitter https://twitter.com/temnem_sui

作詞・作曲: 余興
編曲: maeshima soshi
Illustration: 青春bot

【株式会社クロスフェーダー会社概要】

代表者 名波 俊兵
所在地 京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1 第八長谷ビル 2F
事業内容
  • インターネットを用いた音楽や動画によるエンターテイメントサービスの企画、運営
  • Web・スマホアプリの企画、開発、運用・保守
  • ソーシャルメディアプラットフォームの企画、開発、運営
  • 音楽と動画などデジタルコンテンツの企画、制作、販売
  • 音楽著作物の管理及び利用・開発
  • 音楽アーティストのマネジメント及びプロモーション
資本金 12,750,000円
設立年月 2018年4月
会社URL https://crossfader-inc.com/
RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments