日曜日, 11月 27, 2022
ホームイベント【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!

ファウンダー亀田興毅がプロデュースするボクシングイベント「3150FIGHT」は、2022年8月14日にエディオンアリーナ大阪第1競技場にて、「3150FIGHT vol.3」~最高のボクシング 再興へ~を開催した。日本、東洋太平洋のタイトルマッチで2戦ともTKO勝利試合となる他、ハーフタイムショーではHIP HOPグループ『BAD HOP』が人気曲の『Kawasaki Drift』など5曲を披露し会場を盛り上げた。

 

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像1

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像2

 

  • 但馬ミツロが日本ヘビー級最速王者に!サトシ・イシイがボクシング初参戦で初勝利

メインイベントでは、日本・韓国ヘビー級タイトルマッチにて、日本ヘビー級1位 但馬ミツロ(KWORLD3) vs 韓国同級王者 イ・ソンミン(韓国)が行われ、但馬が1ラウンド・1:09秒で見事TKO勝利。セミファイナル 東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ、力石政法(緑) vsトムジュン・マングバット(フィリピン)では4ラウンド2:45秒で力石が左アッパーで豪快にTKO勝利し防衛成功。その他、北京五輪柔道金メダリストでボクシングに初参戦したサトシ・イシイ (クロアチア) vs 高山秀峰 (スパイダー根本) の一戦は、4ラウンド・2-0判定でサトシ・イシイが勝利した。

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像3

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像4

ヘビー級4回戦(第7試合)のサトシ・イシイ(クロアチア)vs 高山 秀峰(スパイダー根本)の試合は、イシイ自身ボクシング試合初挑戦となる注目カードで、4ラウンド2-0でイシイが判定勝ちとなった。試合後リング上でのインタビューで「想像していたデビュー戦とは違った。今度は但馬 ブランドン ミツロ選手と戦いたい。」と話し但馬に闘志を燃やした。のちに行われたインタビューでは、高山に対し「K-1WORLDグランプリでハードパンチャーと呼ばれる選手と戦ったこともあったが、高山選手のほうがパンチ力もあったのではないか。ミツロ選手には今の自分では全く勝てない(笑)。海外出場を目指し、成長できる相手との試合を重ねていきたい。」と海外出場の考えを語った。

東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦(第8試合)の力石政法(緑)選手 vs トムジュン・マングバット(フィリピン)では、4ラウンド2:45秒で力石がTKO勝ちとなった。力石は「結果的に4ラウンドで倒せてよかった。1ラウンド目で相手の動きが分かったので、自分のペースで体力も温存しながら、自分の専売特許であるカウンター・左アッパーも決めることもできた。日頃の練習の成果を発揮することができた。」と、終始冷静に判断ができた試合運びだったことを落ち着いた様子で語った。

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像5

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像6

 

メインイベント 日本・韓国ヘビー級タイトルマッチ10回戦(第9試合)の但馬・ブランドン・ミツロ(KWORLD3)vs イ・ソンミン(韓国)は、1ラウンド1:09秒で但馬がTKO勝ちし、日本最速の2戦目で王座を奪取した。

但馬は「作戦通りの試合運びだった。序盤でソンミンのパンチを受けて想像の範疇を超えなければ攻め込む作戦を立てていた。」と話し、「45歳まで選手は続けたい。課題はたくさんあるが自分であれば面白いものを見せられるはず。世界を目指して実践・練習を重ねていく。」と世界進出に向けた今後の目標を話した。

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像7

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像8

亀田興毅ファウンダーは「今回は僕もプロモーター・デビュー戦。この興行に自分の想いを詰め込んだ。コロナ禍で開催の制約があったなかでも徐々に緩和され、海外選手も呼べるようになった。この興行はプラットフォームなので、外国人選手・日本人選手ともに公平でいないといけない。選手はみんな同じ条件でリングに上がっている。実力で勝利を勝ち取った選手みんなにリスペクトしている。」と試合の感想を述べ、今後の3150FIGHTの展望について「今年は3150FIGHTの第一フェーズ。来年以降も出場舞台を予定しているので、ボクシング業界の未来を盛り上げる興行として根付かせていく。」と語った。 

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像9

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像10

 

  • BAD HOP、Zeebraが更に会場を盛り上げる!

HIP HOPグループ「BAD HOP」さんがハーフタイムショーに登場し、人気曲の『Kawasaki Drift』など5曲を披露し会場のボルテージをあげた。

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像11

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像12

普段のライブ会場でなく、ボクシングの試合の会場でパフォーマンスをしてみて「格闘技イベントでのパフォーマンスは今回が2回目だったが、試合の白熱した雰囲気は何度やっても新鮮で、楽しくいいライブができた」と興奮冷めやらぬ雰囲気でコメントをした。『3150FIGHT』を観戦してみて、「第5試合TKO、第6試合はKOと続いて、皆さん強すぎ!と、メンバーみんなでびっくりしてました。」と、驚きの表情を見せた。注目している選手については、「但馬ミツロ選手。YouTubeで観ていて強いので楽しみにしています!」と、エールコメントを寄せていた。

第8試合・第9試合のスペシャルリングアナウンサーを「Zeebra」さんが担当した。感想を伺うと「選手がパンチ一発に込める緊張感もお客さんに伝わった気がしました。普段のヒップホップの舞台では自分たちが主役ですが、今回はあくまでも選手に花を添えられるようにと思って担当させていただいたので、いつもの舞台以上に緊張しました。」と会場の緊張感を伝えた。

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像13

【⻲⽥興毅 3150FIGHT】8⽉14⽇開催「3150FIGHT vol.3」但馬ブランドンミツロがタイトルマッチでTKO勝利!日本最速2戦目でヘビー級王座を奪い取る!のサブ画像14

 

  • ​「3150FIGHT vol.3」今後の試合放送情報

3150FIGHT 公式YouTubeチャンネル

配信内容:試合後約1週間後以降、試合、試合事後インタビューを順次更新
URL: https://www.youtube.com/channel/UCCiI2owjpnQWUMRHMKqMg4A
 

  • 「3150FIGHT vol.3」8⽉14⽇(⽇)  開催概要

「3150FIGHT vol.3」

■日時:8月14日(日) 開場 14:30 試合開始 15:30
■会場:エディオンアリーナ大阪第1競技場
■HP:https://www.3150fight.com/schedule/4/
■試合結果一覧:https://www.3150fight.com/schedule/4/

 

  • 次回大会「3150FIGHT SURVIVAL vol.1」「3150FIGHT vol.4」

「3150FIGHT vol.4」

■日時:2023年1月6日(金)
■会場:エディオンアリーナ大阪第1競技場

3大タイトルマッチ開催予定

「3150FIGHT SURVIVAL vol.1」

■日時:2022年9月17日(土) 開場 14:30 / 試合開始 15:30
■会場:メルパルクホール大阪
■メインイベント:https://www.3150fight.com/news/33/
⽇本スーパーフェザー級(58.9㎏)タイトルマッチ10回戦
王者 坂 晃典(仲⾥)27戦21勝(18KO)6敗(4KO)
vs
同級6位 奈良井 翼(RK蒲⽥)9戦8勝(7KO)1敗(1KO)

【チケットのお問い合わせ】
KWORLD3ボクシングジム:06-6652-4333
(12:00 〜 20:00 日曜日 定休 )
 

  • 「3150FIGHT」とは

プロボクシング元世界三階級制覇王者 亀田興毅が立ち上げたプロボクシングイベント「3150FIGHT」(3150ファイト)(サイコーファイト )。
そのコンセプトは、「最高のボクシング 再興へ」
所属ジムに関わらず、全ての選手が出場できる“プラットフォーム” となる、プロボクシングイベント。ABEMAとタッグを組んでスタートした「3150FIGHT」は、全試合、全選手にスポットライトをあてることを掲げ、全試合を、世界タイトルマッチ並みの会場と演出で行い、全試合がABEMAにて生中継される。ボクサーにとってはこれ以上ない最高の舞台となり、ファン、ステークホルダー全ての夢を一つにして、新時代のボクシングのビジネスモデルを目指している。

「3150FIGHT SURVIVAL」

「3150FIGHT」から派生する“発掘系”新企画。メイン興行である「3150FIGHT」への出場権をかけた、まさにサバイバルマッチ。このイベントで勝ち残り、自らをアピールした者のみが「3150FIGHT」に出場できる。選手にとってはチャンスを掴む、またとない登竜門となり、ボクシングファンにとっては、新たな才能との出会いの場となる。

■公式サイト:https://www.3150fight.com
■公式Instagram: https://www.instagram.com/3150fight
■公式Twitter: https://twitter.com/3150Fight
■公式Youtube: https://onl.bz/3XQx3Ts

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments