水曜日, 8月 17, 2022
ホーム商品サービスステージ4の癌を乗り越えて8年、竹原慎二がアパレル挑戦に懸ける想い

ステージ4の癌を乗り越えて8年、竹原慎二がアパレル挑戦に懸ける想い

元WBA世界ミドル級チャンピオンであり、現在はYouTubeチャンネル『竹原テレビ』で存在感を見せている竹原慎二。癌の発覚から8年、死も覚悟した闘病生活を通して変化した竹原の人生観がBLASTにどんな影響をもたらしたのか。BLASTに懸ける想いとはーー。

BLAST公式ショップ:https://blast-online.shop/

【BLAST誕生の背景】
BLAST誕生の背景は、竹原が末期癌と闘っていた頃に遡る。
 「イケてるおじさんを増やしたい。人ってほんの小さな一つの変化でどんどんいい方にも悪い方にも転がるんです。 俺も癌の入院の時、気持ちが落ちないように着る物だけでも抵抗した。手術の後は病院指定の前あきの寝巻きを着なくちゃならなかったんだけど抗がん剤治療の時は服装自由だったんだ だからいわゆるパジャマは絶対着ないと決めていたわけ。病室では着心地の良いスウェットとお気に入りのTシャツで過ごしていた。
人って着る物ひとつで気持ちが明るくなり姿勢が良くなり自信が湧いてくる。そうすると今度は髪型が気になったり体型が気になり始めて運動しようかなとか食べているものに気をつけたりしたくなる。どんどん色んなとこに意識がいき努力していい連鎖になっていく。BLASTがそんなきっかけになってくれたら嬉しいって思うね。」

そんな竹原の想いがBLAST誕生に繋がりました。

 

ステージ4の癌を乗り越えて8年、竹原慎二がアパレル挑戦に懸ける想いのサブ画像1

 

【コンセプトとターゲット層】
ターゲット層は、40〜50代の男性
人それぞれではありますが、仕事でも家庭でも、いろいろなものを背負っていて自分のことにお金や時間を使って楽しむ余裕がなくなっているのではないでしょうか。だからこそ、「これ一枚で格好よくキマる服を作りたい。BLASTコーディネートでイケてるおじさんの完成。ここから自分自身で変化を楽しんでいって欲しい」そんな竹原の想いを元に、BLASTは作られています。

年代の人って忙しいよね。人それぞれだとは思うけど仕事や家庭でもいろんなもの背負っていて自分のことにお金や時間を使って楽しむ余裕がなくなっているんではないのかな。だからこれ一枚でキマるって服を作りたい。BLAST全身コーディネートでイケてるおじさんの完成。ここから自分自身で変化を楽しんでいってほしいな。

【竹原慎二こだわりのポイント】
オープンエンドの風合いが絶妙にしてあって、ふっくらしてボリュームがあるような仕上がりに。
竹原自身が何度もサンプルを試着して作ったからこそ、着心地には自信があります。

9月にはファン交流会などのイベントも開催予定の竹原慎二。今後のBLASTの展開に注目が集まっています。

BLAST公式ショップ:https://blast-online.shop/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments