月曜日, 12月 5, 2022
ホームイベントピアノトリオ「H ZETTRIO」が「⾁汁餃⼦のダンダダン」のオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を制作。7/25より全店でオリジナルプレイリストと共に公開。

ピアノトリオ「H ZETTRIO」が「⾁汁餃⼦のダンダダン」のオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を制作。7/25より全店でオリジナルプレイリストと共に公開。

⼤⼈も⼦どもも笑って踊れるをテーマに、ピアノトリオ「H ZETTRIO」と「⾁汁餃⼦のダンダダン」の調合が実現!2022年の夏を盛り上げます。

株式会社NATTY SWANKYホールディングスの⼦会社である株式会社ダンダダン(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:井⽯裕⼆)は⾁汁餃⼦のダンダダンを全国で運営しており、餃⼦とビールを囲んで、幅広い世代が笑顔になれるお店を創りたいという想いで、2011年に東京都調布市で創業しました。
この度、笑って踊れるピアノトリオ「H ZETTRIO」とコラボが実現しオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を制作し8月1日にリリースする運びとなりました。これに先駆けて7月25日より「⾁汁餃⼦のダンダダン」全店で店内BGM公開する事も併せて決定いたしました。

 

ピアノトリオ「H ZETTRIO」が「⾁汁餃⼦のダンダダン」のオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を制作。7/25より全店でオリジナルプレイリストと共に公開。のサブ画像1

【コラボに至る経緯】

創業時から今までにない餃子を模索すると同時に、活気にあふれ、お客様もそして従業員もが笑顔になれるような、常にお店を盛り上げてくれる音楽を探していて出会ったのがH ZETTRIOの前身となるバンドPE'Z(ペズ)の音楽でした。

その主力メンバーが「⼤⼈も⼦どもも笑って踊れる」バンドとして生まれ変わったのが「H ZETTRIO」です。

そこには「多世代間の橋渡しとなり皆を笑顔にしたい」という強い気持ちがあったと聞いております。この「多世代間の橋渡しとなり皆を笑顔にしたい」という「H ZETTRIO」のコンセプトが弊社の「幅広い世代が笑顔になれるお店を創りたい」という想いと合致し、共感しあう事が出来たので、「H ZETTRIO」が持っている音楽番組『ソクドノオンガク』を昨年末の特別番組以来、スポンサードさせていただいております。

そんな縁があって以降、ずっと弊社と「H ZETTRIO」の両者は、どうしたらコロナ禍の爪痕が色濃い今という時代に幅広い世代の人々に笑顔になってもらえるのかを真剣に考えてきました。

そしてその結果のひとつとして形となったのが、今回のオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」です。

「ダン!ダ!ダン!と店名を想起させるフレーズが入っている店内のテンションが上がるようなテンポの曲」で、「お客さんだけでなく、働いている従業員達も夢と希望を持てる様な曲」をという制作依頼をさせて頂きました。

  • 【コロナ後を見据えて、新たなファンづくり】

ピアノトリオ「H ZETTRIO」が「⾁汁餃⼦のダンダダン」のオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を制作。7/25より全店でオリジナルプレイリストと共に公開。のサブ画像2

この楽曲はBGMとして様々な場を盛り上げる事に最適な曲でもありますが、BGMにとどまらない弊社の熱い想いが詰まった楽曲だという事がご理解いただける作品となっております。

来る7月25日より、「⾁汁餃⼦のダンダダン」全店ではBGMのプレイリストを「H ZETTRIO」の楽曲に変更し、その中に「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」も入れる事になりましたので、8月1日の正式なリリース前にこの曲を聴く事が可能になっております。

この夏は熱い肉汁餃子と冷たいビール、そして「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を思いっきり楽しんでいただければと思います。

  • 【 H ZETTORIOさんプロフィール】

ピアノトリオ「H ZETTRIO」が「⾁汁餃⼦のダンダダン」のオリジナル楽曲「DAN DA DAN 〜Nikujiru Juicy〜」を制作。7/25より全店でオリジナルプレイリストと共に公開。のサブ画像3

2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への出演をキッカケに、活動を活発化、国内外の大型フェスに多数出演。

H ZETT M(pf/青鼻)のユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(ba/赤鼻)、H ZETT KOU(dr/銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。

この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

H ZETTRIO played at “Montreux Jazz Festival 2014” in Switzerland, one of the biggest 3 jazz festivals in the world.
After that stage, this piano-trio has acted at so many big music festivals in Japan and other countries.
H ZETT M (Piano/The blue nosed), his unique & technical playing style called “zero-gravity playing”.
It resonates with the groove sections that has keen senses of H ZETT NIRE (Double bass/The red nosed) & H ZETT KOU (Drums/The silver nosed).
As a result, This piano trio makes very unique groove and ensemble.
And also they are making a lot of opportunities of unique music experience for the people.

  • 報道関係者の皆様:本件に関する取材窓口

社名:株式会社NATTY SWANKYホールディングス
部署:社長室 広報 大林 大輔
電話番号: 080-3708-7954
メールアドレス:ohbayashi@nattyswanky.com

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments