木曜日, 2月 9, 2023
ホーム商品サービス【最新刊】ナイツ・塙宣之がおくる! 人生のつまずきと反省と工夫をぼやき倒す、共感度200%な初エッセイ『ぼやいて、聞いて。』7月末刊行!

【最新刊】ナイツ・塙宣之がおくる! 人生のつまずきと反省と工夫をぼやき倒す、共感度200%な初エッセイ『ぼやいて、聞いて。』7月末刊行!

塙宣之著『ぼやいて、聞いて。』(2022年7月末刊行・1870円(税込)・左右社刊)

人間関係について、漫才について、しゃべること、伝えること、そして言葉について。お笑い芸人なのに、人と「つるめない」性格のナイツ・塙宣之がそれでも人と関わりながら考え続けたことを、ときに鋭く、ときに脱線しながらぼやき倒す縦横無尽な初エッセイ集。

 

【最新刊】ナイツ・塙宣之がおくる! 人生のつまずきと反省と工夫をぼやき倒す、共感度200%な初エッセイ『ぼやいて、聞いて。』7月末刊行!のサブ画像1

●芸人・塙宣之の日々のぼやきから生まれた、共感度200%な爆笑エピソード満載!
 

  • 奢られるのが苦手すぎて、社長との飲み会を逃げ出し関係終了。
  • 女性トーンで喋る50代先輩男性芸人のイメージにひっぱられ、婦人用傘をプレゼント。
  • 野球が大好きなのに甲子園の応援に行かず。みんなが熱くなっているときになぜか冷めてしまう自分。
  • 現場で少しでも楽をしたいから、「週に30本ドラマを観る」という苦しい選択をする。
  • 「ニュースがそのままネタになるから楽」? 時事ネタにまつわる「違和感」。
  • 「どこまで芸人としていればいいかわからない」問題。「芸人スイッチ」のオンオフについて。
  • まとめることが得意じゃないから芸人をやっている。

芸人だけど、人となるべくつるまず、ちょうどよく関わりたい。日々喋り、聞き、伝え、関わるなかで塙宣之が考えた「世迷言」にして、自身の人生哲学がつまった一冊!

【目次】
はじめに 僕はつるまない
第一章 とりあえず「人間関係」についてぼやきたい
第二章 それはそれとして「漫才」についてもぼやきたい
第三章 ついでだけど「違和感」についてもぼやきたい
第四章 なにはともあれ「雑念」についてぼやきたい
第五章 結びになりますが「言葉」についてぼやきたい
おわりに 喋ったぶんだけ聞きたいし、聞いたぶんだけ喋りたい

 

【最新刊】ナイツ・塙宣之がおくる! 人生のつまずきと反省と工夫をぼやき倒す、共感度200%な初エッセイ『ぼやいて、聞いて。』7月末刊行!のサブ画像2

【著者紹介】
塙宣之(はなわ・のぶゆき):芸人。1978年3月27日、千葉県生まれ。漫才協会副会長。2000年にお笑いコンビ「ナイツ」を土屋伸之と結成。08年以降3年連続でM-1グランプリ決勝進出。THE MANZAI2011準優勝、漫才新人大賞、平成25年度文化庁芸術祭大衆芸能部門優秀賞、平成28年度芸術選奨大衆芸能部門文部科学大臣新人賞など受賞多数。主な著書に『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』(集英社新書)『極私的プロ野球偏愛論 野球と漫才のしあわせな関係』(ベースボール・マガジン社)など。

Twitter @hanawa_nobuyuki
YouTube 「ナイツ塙の自由時間」https://www.youtube.com/channel/UCG4PIPvmm838XWIJgKFKisw

【書誌情報】
書名:ぼやいて、聞いて。
著者:塙 宣之 
定価:本体税込1870円
ISBN:978-4-86528-097-5
発行:株式会社左右社
http://sayusha.com/catalog/books/pboyaki
Amazon予約開始中!
https://onl.tw/tZHQipa

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments