水曜日, 10月 5, 2022
ホーム商品サービス「自己肯定感」「多様性」「家族愛」…タレント・りゅうちぇるさんがいま思うことをつづった初の著書『こんな世の中で生きていくしかないなら』発売

「自己肯定感」「多様性」「家族愛」…タレント・りゅうちぇるさんがいま思うことをつづった初の著書『こんな世の中で生きていくしかないなら』発売

タレント・りゅうちぇるさん初の著書『こんな世の中で生きていくしかないなら』が10月7日(木)に朝日新聞出版から発売されます。〈僕は「自分らしく生きよう」って考えたことは、ほとんどない。この生き方しか知らない。この生き方しかできないだけ――。〉 自身のバックグラウンドをたどりながら、「多様性」「自己肯定感」「自分らしさ」「人間関係」「愛」「子育て」など、いま思うことをつづった30編です。

「自己肯定感」「多様性」「家族愛」…タレント・りゅうちぇるさんがいま思うことをつづった初の著書『こんな世の中で生きていくしかないなら』発売のサブ画像1

・自己肯定感なんて、そんな簡単に手に入らないよね。

・「男だから」「だから」って、なんか意味あるの?
・コンプレックスも工夫次第で、自分の「武器」になる。
・好きなところではなく、嫌いなところを「10個」数えてみる。
・「イクメン」なんて言葉、なればいいのに。
・親と子は一緒に成長していく「横並び」の関係。
・自分の幸せの軸を他人にゆだねて、何になるの?

本書には、りゅうちぇるさんが普段、違和感を抱いたことや疑問に思ったことについて、率直な思いが記されています。

幼少期から「人と違う」と言われ、自分の「素」を出せずに苦しんだ中学時代。「ありのままの自分」を出す転機となった高校時代。沖縄から上京して、芸能界で仕事をするようになり、結婚して子どもが生まれて……。

つらいことの多い世の中だけど、そのつど、新たな出会いがあり、新しい世界を知り、考え方が変わるきっかけがあった、といいます。

〈諦めること、割り切ること、逃げること、戦わないこと。そして、期待しないこと。
これらの武器を身につけたことで、僕はこんな世の中でも幸せを感じられるようになった。自分や大事な人を守っていく自信も持てるようになった〉

「綺麗事は書かない」と本書で記しているように、テレビでの「いつも明るくてハッピーなりゅうちぇる」とは違った一面を見せてくれます。

 

「自己肯定感」「多様性」「家族愛」…タレント・りゅうちぇるさんがいま思うことをつづった初の著書『こんな世の中で生きていくしかないなら』発売のサブ画像2_本書より/写真:喜瀨守昭本書より/写真:喜瀨守昭

<もくじ>
Chapter1 「自己肯定感」なんて簡単に言うけどさ……
Chapter2 「割り切り」と「共感力」
Chapter3 「普通」と「個性」の間で
Chapter4 僕を成長させる
Chapter5 こんな世の中で生きていくしかないなら

 
こんな世の中で生きていくしかないなら
著者:りゅうちぇる
定価:1320円(本体1200円+10%)
発売日:2021年10月7日(木曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/4023319678

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments