水曜日, 2月 28, 2024
ホームイベント伍代夏子特別防犯支援官が日本体育大学主催イベントで特殊詐欺被害防止を呼びかけ 「詐欺被害を防ぐには、家族間で注意喚起することが重要」

伍代夏子特別防犯支援官が日本体育大学主催イベントで特殊詐欺被害防止を呼びかけ 「詐欺被害を防ぐには、家族間で注意喚起することが重要」

~ストップ・オレオレ詐欺47家族の絆作戦~

 警察庁「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、特殊詐欺被害を防止するため、2018年より、全国47都道府県警察と共に広報啓発活動を行っています。
 この度、東京都の帝国ホテルで、日本体育大学主催の「東京2020オリンピック・パラリンピック報告会 兼 北京2020オリンピック・パラリンピック激励会」が行われ、ゲストとしてSOS47のメンバーである特別防犯支援官の伍代夏子氏が登場しました。伍代支援官は、集まった関係者らに向けて、特殊詐欺被害根絶のための協力を呼びかけました。
 

伍代夏子特別防犯支援官が日本体育大学主催イベントで特殊詐欺被害防止を呼びかけ 「詐欺被害を防ぐには、家族間で注意喚起することが重要」のサブ画像1

 

  • イベントレポート

■伍代支援官、家族の絆の重要性を訴求
 伍代支援官は、「本日はこのようなお祝いの場で啓発の機会をいただきましたこと、松浪理事長はじめ日本体育大学関係者の皆様に感謝申し上げます。」と挨拶を述べました。続けて、自身が特別防犯支援官を務めるSOS47プロジェクトについて伍代支援官は、「SOSは、『ストップ・オレオレ詐欺』の頭文字をとったもので、47は、全国47都道府県警察が一丸となって特殊詐欺被害防止に取り組んでいくことを表しています。そして、『家族の絆作戦』とは、特殊詐欺の被害が後を絶たない理由の1つとして、普段から家族の間でコミュニケーションが十分にとれていないため、犯人の電話の内容が不自然であることに気付かないなどの問題があることから、被害防止のため、被害に遭いやすい高齢者だけでなく、その子供・孫世代への働きかけをも強化し、家族の絆を強めて特殊詐欺被害をなくそうという思いで掲げました。現在は、『オレオレ詐欺』以外にも様々な手口が存在しており、なかなか特殊詐欺根絶が難しい状況です。 だからこそ、詐欺被害を防ぐには家族間で注意喚起することがとても重要です。」と説明しました。
 最後には、「この思いがより多くの方に伝えられるように、日本体育大学様にも、学生を対象とした啓発イベントを実施するなど、引き続きご協力をお願いしたいです。」と啓発活動への協力を呼びかけました。
 

伍代夏子特別防犯支援官が日本体育大学主催イベントで特殊詐欺被害防止を呼びかけ 「詐欺被害を防ぐには、家族間で注意喚起することが重要」のサブ画像2

 

  • 開催概要

■催事名 :日本体育大学啓発イベント

■実施日 :2022年1月7日(金)

■実施会場:帝国ホテル東京「富士の間」

■出席者 :「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(SOS47)
        警察庁 特別防犯支援官 伍代  夏子 氏

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments