土曜日, 4月 13, 2024
ホーム商品サービス拡がる「Visaのタッチ決済」新TV CMを12月22日より放映スタート!ナレーターを務める渡辺直美がこっそり登場!コンビニ篇・スーパーマーケット篇の2種類が公開

拡がる「Visaのタッチ決済」新TV CMを12月22日より放映スタート!ナレーターを務める渡辺直美がこっそり登場!コンビニ篇・スーパーマーケット篇の2種類が公開

スピーディーでスムーズなタッチ決済にご満悦ウィンク

ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カーピン、以下Visa)はこの度、「Visaのタッチ決済」の新CMコンビニ篇・スーパーマーケット篇の2種類を12月22日より放映開始いたします。新CMでは、世界を舞台に活躍される渡辺直美さんがナレーションを務め、生活のあらゆるシーンで使えるVisaのタッチ決済がスピーディーかつスマートな決済方法であることをご紹介しています。また、ナレーションだけでなく、ご自身もCM内の“とある箇所”にこっそりと出演しています。

拡がる「Visaのタッチ決済」新TV CMを12月22日より放映スタート!ナレーターを務める渡辺直美がこっそり登場!コンビニ篇・スーパーマーケット篇の2種類が公開のサブ画像1

【Visa JP YouTube 】
コンビニ篇 :

スーパーマーケット篇:

CMでは渡辺直美さんが“とある箇所”に出演!タッチ決済でのスムーズなお会計を見てご満悦
新CMコンビニ篇では、「Visaのタッチ決済」をコンビニで利用するシーンが描かれています。レジで順番を待つお客様が抱える雑誌の表紙に渡辺直美さんが登場。前のお客さんがタッチでお会計を完了させるスムーズなお会計を見て表紙の中からウィンクする様子が描かれています。スーパーマーケット篇では、お会計中の女性の手元のネイルチップには渡辺さんそっくりの絵柄が描かれています。暗証番号不要で簡単に支払いが完了するタッチ決済を見て、ネイルチップの渡辺さんもご満悦のウィンク。あらゆる生活シーンの中で、スピーディーでスムーズ、かつ安心・安全な「Visaのタッチ決済」をコミカルに描いています。


【CM放映情報】
タイトル:Visaのタッチ決済 「スーパーマーケット篇」「コンビニ篇」
放映期間:2021 年12月22日(水)から
放送地域:全国

出演者プロフィール

拡がる「Visaのタッチ決済」新TV CMを12月22日より放映スタート!ナレーターを務める渡辺直美がこっそり登場!コンビニ篇・スーパーマーケット篇の2種類が公開のサブ画像2

渡辺直美(わたなべなおみ)
1987年10月23日年生まれ、茨城県出身。
吉本興業所属。NSC東京校12期生。
近年では、テレビや舞台だけでなく、国内外でモデルとしての活躍、
自身プロデュースのブランド「PUNYUS」を展開するなど、枠にとらわれない幅広い活躍を見せている。

「Visaのタッチ決済」について
Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。店員にカードを渡すことなく、レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカード(クレジット・デビット・プリペイド)、スマートフォンまたはウエアラブルデバイスを対応の端末にかざすだけで、サインも暗証番号の入力も不要[1]で、スピーディーかつ安心・安全にお支払いが完了します。ご利用頂ける店舗はコンビニエンスストア、ファストフードレストラン、スーパー、飲食店、ドラッグストア、書店、百貨店、商業施設など日常生活における利用シーンがますます拡大しています。

2021年9月末現在、日本では、Visaのタッチ決済対応カードの発行枚数は約5,700万枚[2]に達し、タッチ決済対応端末数も100万台を超えるなど、ご利用いただける店舗も拡がってきています。

また今回新CMで公開する、日常利用のシーンである、スーパーマーケットでは、一年間で、Visaのタッチ決済での決済件数が約10倍[3]、また、現在日本の約98%のコンビニエンスストアでVisaのタッチ決済は利用可能[4]であり、3件に1件[5]はタッチ決済で行われているなど、日常利用におけるご利用が急速に拡大しています。

さらに、日本の公共交通機関でも急速に導入が進み、鉄道や高速バスでも利用可能になっており、現在14道府県13プロジェクト[6]が進行しています。
▼タッチ決済対応のマーク

拡がる「Visaのタッチ決済」新TV CMを12月22日より放映スタート!ナレーターを務める渡辺直美がこっそり登場!コンビニ篇・スーパーマーケット篇の2種類が公開のサブ画像3

Visaのタッチ決済の詳細はこちらから:
https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/featured-technologies/contactless.html
[1]: 一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります
[2]:2021年9月末現在、取引先金融機関・発行会社からの報告による
[3]:VisaNet(2021年9月末前年比)
[4]:コンビニ各社発表資料(2021年2月)/JFAコンビニエンスストア統計調査月報(2021年2月)による
[5]: VisaNet(2021年9月末)
[6]:実証実験含む

Visaについて
Visaは、電子決済の世界的リーダーです。Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。デバイスにかかわらず、誰でもどこでも利用できるデジタル・コマースの急速な発展を目指し、Visaは常にイノベーションの追求に邁進しています。世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。詳しくは、https://usa.visa.com/about-visa/our_business.html(英語サイト)またはwww.visa.co.jp(日本語サイト)をご覧ください。

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments