土曜日, 4月 13, 2024
ホームイベントO-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!

2021.12.5 Sun at 京都テルサ テルサホール


軽音楽・吹奏楽・ダンスが融合する良さを追求し音楽界に新しいエンターテイメントの確立を目指して、今年4月から本格的な活動をスタートさせたO-VILS.(オービルズ)。現在34名にもなるメンバーは京都橘高校吹奏楽部出身の卒業生を中心に構成されている。そんなO-VILS.として初の有観客ライブとなる『We Are O-VILS.Vol.1』が12月4日(土)・5日(日)と二日間に渡って京都テルサホールで開催された。コロナ禍という困難な状況の中で2回の公演延期を乗り越えてきたメンバー自身にとってもファンにとっても待ちに待ったステージ。サポートメンバーを合わせて30名を超える大人数で繰り広げられたパフォーマンスは華やかで楽しくて迫力満点!数多くの管楽器とバンドサウンドによる多彩な演奏に、ダンスやカラーガードのパフォーマンス、素顔が垣間見れるMCコーナーも含めて大盛り上がりとなった。そのファイナルを飾った5日(日)のライブレポートをお届け!

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像1

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像2

10月の無観客配信ライブを経て、O-VILS.として初の有観客となる今回のショーは力強いドラミングで口火を切った。ドラマーはO-VILS.の発案者であり総監督を務める中心人物のゆいな。オープニングは映画『ミッション・インポッシブル』のテーマ曲で、意表を突くハードなバンドサウンドが炸裂する。待ちかねた観客の熱を帯びた手拍子に後押しされて、様々な管楽器やショルダーキーボードを手にしたメンバーやカラーガードが揃い、ステージ上から溢れんばかりの明るくパワフルなエナジーが放たれる。1曲目の『Fire Ball』が終わると「こんばんはO-VILS.です!」とゆいなが挨拶して、ドラムを叩きながらメンバー紹介すると、「メンバーと客席にいる皆さんと今日は最高の1日を作っていきたいと思います! よろしくお願いしまーす!」と元気に声を上げた。

 

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像3

テナーサックスとボーカルを担当するにいなが声高らかに歌う2曲目の『Show Me How You Burlesque』以降も、楽曲によって、ダンスを前面に出したり、各楽器のソロをフィーチャーしたりと、見どころ満載で観客の目を釘付けに!
 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像4

『Liven'la Vida Loca』はポップなラテン系の曲調と共に、ダンサブルな演奏を続けるメンバーが次々とフォーメーションを変えて魅了し、観客から大きな拍手が送られた。また、『White Christmas』では、クリスマスの衣装を着たメンバーから、サポートのバンドメンバーにクリスマスプレゼントが渡される微笑ましい一幕も。

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像5

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像6

オレンジと白を基調とした物販紹介を挟んで中盤に入ってからのブロックでは、ヘヴィなギターソロにアグレッシヴなドラムが叩き込まれるヘビメタ/ハードロック風のバンドアレンジとなったベートーベンの『運命』で圧倒! さらに、10月に配信曲として発表された『Trigger』は大人数のメンバーが再び勢揃いして、アッパーにスウィングする圧巻のパフォーマンスを披露。ピストルを持って踊る『007』ではバンドサウンドとクールな演出で惹きつけた。

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像7

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像8

この日、3回目のMCタイムは「メンバーの魅力をもっと知ってもらいたいという思いから始まったファンクラブ企画」という『生O-VILS.ラジオ』コーナーを設けて、ゆいなとちっぴが登場。「喋り出したら止まらへん」「脱線しまくる(笑)」と関西人らしいトークで進行し、みんなを楽しませてくれた。またこのコーナーでは新メンバーのライちゃが呼び込まれ、「今めっちゃ頑張ってくれてます!」とちっぴが嬉しそうにコメント。一方、ゆいなは「幼い頃から音楽に関する様々な習い事をさせてくれたことが、今に繋がった」というエピソードを語り、会場に観に来ているという母親に「すごい感謝してます!」と伝えていた。

後半戦はさらにメリハリを効かせた構成で、O-VILS.の振り幅の大きさを凝縮させた楽曲が繰り出されていった。新しくサンバのリズムを取り入れた『TRISTEZA』はメンバーのコーラスや小気味よいステップで一層明るい雰囲気が広がる。かと思えば、スティーヴィー・ワンダーの代表曲『Isn't she lovely』ではサックスをフィーチャーして、観客の手拍子と共に心地よい雰囲気で包み、『Take five』はジャジーで洒脱な雰囲気に浸らせた。フルートのソロが一際美しい音色を響かせた『Amazing Grace』も印象的だった。

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像9

そこから一気に場面転換するようにピンク・レディーの『渚のシンドバッド』はスウィンギングな曲調に乗って可愛くセクシーに演出。メンバーが後ろ向きに並んでヒップを揺らすパフォーマンスで観客を惹きつけた。

そして、本編最後は再びアップテンポでリズミカルに踊りながら演奏し、全員で手を振って、大きく足を上げて軽やかにステップを踏む『Sing Sing Sing』で賑やかにフィナーレとなった。

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像10

アンコールを求めて鳴り止まない観客の拍手に迎えられて、再びステージに現れたゆいな。メンバーを代表してここまでの道のりを改めて振り返り、「“Vol.1”のこの日を迎えられたのは応援してくださっている皆さまのおかげです!」と感極まる表情で観客や支えてくれているスタッフに向けて感謝の思いを伝えた。さらに、ここでビッグサプライズが! あの大手レコード会社エイベックスと契約すること、2022年3月19日(土)・20日(日)に同会場で、『We Are O-VILS. Vol.2』が開催&配信されることが発表されたのだ。

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像11

「私が描いている完成形を、皆さんに見せられるように頑張って行きます! 今後とも応援よろしくお願いします!」と意気込みを熱く語った。

 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像12

そして、再びメンバーを呼び込んで、軽快なマーチングスタイルの『Jump in The Line』とアップテンポでファンキーな『You Can't Stop The Beat』で盛り上げる。最後、全員がステージ最前列で横一列に並んで、「We Are O-VILS!」と声を合わせて叫び、まさに完全燃焼! 観客はスタンディングオベーションで熱い拍手をメンバーに送り続けた。

昨年から続く未曾有のコロナ禍という困難な状況にも屈することなく、ゆいな曰く「まだ見たことがないエンターテインメントをやるゾ!」とチャレンジングな姿勢で誕生したO-VILS.。そのパフォーマンスを目の当たりにすれば、きっと誰もが応援したくなる。「“踊れるブラスバンド”として世界に感動を届けたい」という大きな夢を抱いて逞しく前進していくO-VILS.に乞うご期待!

Text by. エイミー野中
 

O-VILS.(オービルズ)『We Are O-VILS.Vol.1』ライブレポート!と次回公演発表!のサブ画像13

期待される次回公演は完売必至なのでチケット購入はお早めに!!

今回も、会場に来られない方の為にライブ配信も行います!
[We Are O-VILS. Vol.2]
場所:京都テルサ テルサホール
〒601-8047  京都府京都市南区東九条下殿田町70
🍊2022/3/19(土)🍊
開場17:30 / 開演18:30

🍊2022/3/20(日)🍊
[1部]開場12:00 / 開演13:00
[2部]開場16:30 / 開演17:30

【ご来場チケット】
[1]FC先行抽選チケット(全席指定):¥5,000- ※お一人様4枚まで
受付期間:12月5日(日)21:00〜12月19日(日)23:59まで
⬇️O-VILS.FCご入会はこちらから⬇️
https://fanicon.net/fancommunities/3768 

[2]ぴあ先行抽選チケット(全席指定):¥5,000- ※お一人様4枚まで
受付期間:12月27日(月)11:00~1月13日(木)11:00まで
⬇️受付URLはこちら⬇️
https://w.pia.jp/t/ovils-k/ 

[3]ぴあ先行2次抽選チケット(全席指定):¥5,000- ※お一人様4枚まで
受付期間:1月15日(土)11:00~1月26日(水)11:00まで
⬇️受付URLはこちら⬇️
https://w.pia.jp/t/ovils-k/ 

[4]一般先着チケット(全席指定):¥5,000- 
受付期間:1月29日(土)10:00~無くなり次第受付終了
⬇️受付URLはこちら⬇️
https://w.pia.jp/t/ovils-k/ 

[5]当日券:¥6,000-
※3歳未満は入場不可 ※6歳以上は有料

【国内配信チケット】
チケットぴあ配信チケット:¥3,000-
受付期間:1月29日(土)10:00~各公演の開始時間まで
⬇️受付URLはこちら⬇️
https://w.pia.jp/t/ovils-k/ 

【国外配信チケット】(Tickets for overseas distribution)
視聴チケット(Viewing ticket):¥3,000-
受付期間:1月29日(土)10:00~各公演の開始時間まで
(Reception period: Saturday, January 29, 10:00 – until the start time of each performance)
⬇️受付URLはこちら⬇️(Click here for the URL)
http://r-t.jp/weareo-vils 

O-VILS.スタッフ一同、皆様が安心してご来場できるよう、感染症対策を万全にしてお待ちしております。

【注意事項】
※会場内での声援・大声を出す行為は一切禁止とさせていただきます。拍手と手拍子でお楽しみください。
※撮影・録音等禁止になります。ご了承下さい。
※過度なジャンプ、周りのお客様に迷惑となる行為は一切禁止とさせていただきます。
※事前に配布する問診票を入場時にご提出いただきます。
※入場の際、検温・アルコール消毒を実施します。
入場時の検温の際、体温が37.5度以上のお客様はチケットをお持ちでもライブにはご参加いただけませんので予めご了承ください。
※座席につきましては、政府及び自治体によって示されたイベント開催制限条件に基づき、感染拡大防止対策ガイドラインに則った変則的な配席でのご用意となります。あらかじめご了承下さい。
※開場・開演時刻は変更になる場合がございます。随時オフィシャルホームページでご案内致しますので、詳しくはオフィシャルホームページ をご確認ください。
※アルコール類の持ち込み・および飲酒をされてのご入場は禁止です。スタッフが酒気帯びと判断した場合、ご入場をお断りします。また、場内で発見した場合も即刻退場とさせていただきます。
※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせていただきます。
※ご来場の際はマスクを必ず着用してください。マスク着用の無い方の入場はお断りさせていただきます。
※会場内ではこまめな手指、手洗いを行うようお願い致します。
※感染予防と流行拡大防止のため、出演者へのプレゼントやお手紙のお預かりをお断りさせていただきます。(プレゼントボックスの設置もございません。)大変心苦しいのですが、ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
※スマートフォンをお持ちのお客様は、ご来場前に、厚生労働省よりリリースされております新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をお手持ちのスマートフォンにインストールの上、ご利用頂きますようお願い申し上げます。

◆厚生労働省(アプリ概要のページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html 

【チケットに関するお問い合わせ】
チケットぴあインフォメーション
TEL:0570-02-9111(10:00~18:00)
WEB:http://t.pia.jp/help/index.jsp 
※ヘルプページにございます「ヘルプ検索」で関連ワードにて検索し関連FAQをご確認後、
解決しない場合は関連FAQ内にあるお問合せからお願い致します。

【公演などに関するお問い合わせ先】
KIOKJAPAN:03-6434-0755 (12:00-18:00)

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments