日曜日, 7月 14, 2024
ホームイベント『籔内佐斗司 -やまとぢから-』太陽をモチーフとした新作ブロンズ、本展にて初公開!

『籔内佐斗司 -やまとぢから-』太陽をモチーフとした新作ブロンズ、本展にて初公開!

7/7(日)には籔内佐斗司によるトークイベントも開催!

「日輪坊」 檜・漆・顔料 H180×W208×D86mm

『せんとくん』を生み出したことで知られる、日本を代表する彫刻家・籔内佐斗司。
彼は日本古来の自然観などをもとに、目に見えない不思議なエネルギーを「童子」というキャラクターに表します。そのかわいらしい生き生きとした表情や、ユーモアたっぷりの動きは、観る人の心を和ませ思わず笑顔にさせるでしょう。

東京藝術大学副学長を経て、現在は奈良県立美術館の館長を務める籔内は、仏像の修復や復元に長年関わり、高い技術と知見で美術界に深く貢献してきました。その経験をもとに作られる木彫作品には、寄木造という伝統的な技法や、漆や日本画の顔料が用いられています。また木彫作品から型取りされたブロンズ作品にも、そのエッセンスを存分に感じ取ることができます。

本展では、脈々と引き継がれる叡智と活力から来る日本人の底力『やまとぢから』をテーマに掲げ、太鼓をたたくエネルギッシュな姿が印象的な、太陽をモチーフとした新作ブロンズを発表。そのほかにも近年制作された木彫や人気シリーズのブロンズ、約50点を展示販売いたします。会場一面にお出迎えする愛らしい童子たちに会って、心を朗らかな気持ちで満たしませんか。

籔内佐斗司によるトークイベント開催!

日時|7/7(日) 14:00 START
会場|渋谷ヒカリエ8階 COURT (Bunkamura Gallery 8/ 前)
参加方法|予約不要・入場無料
概要|仏像研究の権威でもある、籔内佐斗司が語る仏像の背景とその魅力。
「童子」というキャラクターの誕生にまつわる彼の豊富な知見や、人知れない現代美術彫刻家としての一面とその活動秘話など、普段ではなかなか聞けない内容満載でおおくりします。

新作ブロンズ初公開!!
太陽の童子をテーマとした新作ブロンズを初公開!88体の限定販売。こちらの作品については特別にエディション番号のご相談も承っております。この貴重な機会を、どうぞお見逃しなく。童子一同、ご来場をお待ちしております!
※エディション番号はすべてのご要望に添えない場合もございます。

「日輪坊」
制作年|2024年
サイズ|H180×W208×D86 mm
技法|ブロンズ、金箔、漆台
限定|88体
価格|660,000円 (税込)

【略歴】
1953 年 大阪市に生まれる
東京藝術大学大学院美術研究科修了(彫刻専攻、澄川喜一研究室)
同大学大学院文化財保存学教授就任(保存修復彫刻) 2021年3月退任
「倉吉:緑の彫刻賞」受賞「 第21回平櫛田中賞」受賞
現在、東京藝術大学名誉教授/奈良県立美術館館長/ミスパリ学園ビューティ&ウェルネス研究所所長

【主な野外彫刻】
秋田県<秋田県立近代美術館>/東京<童々広場><青松寺>/神奈川<横浜ビジネスパーク>/石川県<うるし蔵>/愛媛県<久万青銅之回廊><観音寺>/福岡県<博多全日空ホテル> その他、全国多数

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments