土曜日, 5月 25, 2024
ホーム商品サービス先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼

主題歌は LOVE PSYCHEDELICO の書き下ろし新曲に決定! 追加キャストの猪塚健太、水上京香、河邑ミク、納谷健、鈴木ゆうか、宮地真緒からはコメントも到着

合同会社 DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO 亀山敬司、https://dmm-corp.com/ 以下DMM)が運営する総合動画配信サービス「DMM TV」は、関西テレビ放送株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長 羽牟正一、https://www.ktv.jp/corp/ 以下カンテレ)との、"リベンジ(復讐)”をテーマとしたドラマ共同企画第 2 弾『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』のキービジュアルを公開しました。
また、主題歌は LOVE PSYCHEDELICO の新曲に決定、さらに追加キャスト 6 名も発表いたします。

 

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像1

                    左から)生駒里奈、中村ゆりか

 中村ゆりか・生駒里奈が W 主演を務め、DMM TV にて 4 月 18 日(木)24 時 30 分より独占配信がスタートする『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』は、世の中のさまざまな女性たちの生きざまに問題提起する社会派“ヒューマン”コミック誌『ストーリーな女たち ブラック』(ぶんか社)にて連載中のタナカトモ・つかさき有の同名コミックスを原作とした復讐エンターテインメントドラマ。痛快な復讐劇が話題となった『極限夫婦』に続く、"リベンジ(復讐)”をテーマにした DMM TV とカンテレの共同企画ドラマ第 2 弾となる作品です。

 ハラスメントが横行する社内で耐える日々を送っていた内向的な派遣社員・浅見(あさみ)ほのか(生駒里奈)が、謎の美女・深瀬(ふかせ)のぞみ(中村ゆりか)の入社と同時に多発する怪事件の真相を追い、先の読めない展開が進んでいきます。

■主題歌に、LOVE PSYCHEDELICO の書き下ろし楽曲“Forgive me not”が決定!

主題歌に決定した“Forgive me not”は、ドラマの世界観に寄り添った LOVE PSYCHEDELICO の書き下ろ

し楽曲。4 月 18 日(木)深夜 0 時 25 分からカンテレにて放送する『社内処刑人』第 1 話本編で初公開とな

ります。LOVE PSYCHEDELICO のコメントは以下の通り。

【主題歌 LOVE PSYCHEDELICO コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像2

この曲“Forgive me not”が物語の一部となって皆さんのもとに届くことを嬉しく思います。

物語と重なりあうストリングスの響きとバンドサウンドの融合をお楽しみください。

■事件に関わる重要人物に猪塚健太、水上京香、河邑ミク、納谷健、鈴木ゆうか、宮地真緒の出演が決定!

 このたび追加キャストに猪塚健太、水上京香、河邑ミク、納谷健、鈴木ゆうか、宮地真緒が決定。のぞみとほのかの勤務先・白馬不動産で連発する怪事件の鍵を握る 6 人を演じます。

 猪塚健太が演じるのは、のぞみとほのかの勤務先である白馬不動産のビッグクライアント・副島陽太(そえじま・ようた)。一見陽気でチャラそうだが、本心が見えづらい謎多き男。のぞみと密会を重ねており、ほのかが知らないのぞみの裏側について何かをうかがわせては、ほのかの心をかき乱す。

 水上京香が演じるのは、白馬不動産の正社員・早川(はやかわ)うらら。合コンが生きがいで、はやく仕事を終えたいからと、派遣社員であるほのかやのぞみに自分の仕事を押し付けようとする。自分勝手な性格の持ち主。自分が怪しまれていないか、気にしている様子を見せる。

 河邑ミクが演じるのは、白馬不動産の正社員・矢野恵子(やの・けいこ)。うららとよく一緒に行動しており、職場でほのかをいいようにこき使い、無駄話に花を咲かせている。美しく優秀な新入りであるのぞみをねたみ、うららと結託して追い出そうとする。

 納谷健が演じるのは、白馬不動産で発生する事件を担当する刑事・青田正義(あおた・まさよし)。不審な事件が相次ぐ社内に隠された真実を暴こうと、ほのかたちのもとを足しげく訪れ、捜査に打ち込む。

 鈴木ゆうかが演じるのは、1 児の母である峰岸英子(みねぎし・えいこ)。白馬不動産の過去に何らかの関わりがある謎の女性。

 宮地真緒が演じるのは、のぞみとほのかが働く営業部の部長・冴木雅代(さえき・まさよ)。男性中心の古い体質の会社で管理職まで昇りつめた、女性キャリアの草分け的存在で、女性社員のよき理解者。会社で起こる不穏な事件にも冷静に対応し、のぞみやほのかを気遣う。

 それぞれの思惑でのぞみとほのかに近づく関係者たち。はたして彼らは、ほのかを真相に導く者か、社内に不幸を呼び込む悪女・のぞみの犠牲者か、あるいは―。各キャストのコメントは、下記の通り。

【副島陽太役・猪塚健太 コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像3

最初に作品のタイトルを教えてもらったときにビビビっと来て、役柄も聞く前に「やります」と答えました。副島は、本音と普段のぞみやほのかと接している仮面を被っている部分にギャップがあるので、そこを楽しみながら、仮面を被っている部分は好き放題やらせてもらっています。最初はチャラチャラした印象を受けると思いますが、後半に行くにつれて“何だこの行動は?何だあの表情は?”と、気になる部分がちょっとずつ見えてきて、チャラいなと思っていた部分さえも意味があったんじゃないかと思えてくる、謎多き深いキャラになっているので、楽しんでもらいたいです。原作に近いものにしようと心がけていますが、原作を読んだうえで脚本とすり合わせて、のぞみやほのかには出せない、ドラマとしての要の部分を担ったほうがいいと感じたので、原作よりも何割か増しで面白い部分を出せるように足しています。のぞみから始まって、事件がまた次の事件に繋がり、周りの人間が巻き込まれていく、最後の最後までどうなっていくかわからない復讐エンターテインメントとして皆さんに楽しんでいただきたいです。

【早川うらら役・水上京香 コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像4

うららは作品の中でも異質なキャラクターなので、足並みをそろえようとせずに、あえて浮いたまま演じるように心がけています。うららは人に対して態度をコロコロ変える人物。ドラマは色々なシーンをバラバラに撮るので、つながりや流れを意識するのが普通ですが、今回はあまり意識しすぎず、どのシーンもとりあえずやってみよう!という気持ちで、過去イチ恥を捨てて頑張っています。これまでに挑戦したことのない役なので、とても楽しいです!うららにはある決めゼリフがあるのですが、それをどう引き立たせられるかを考えていて(笑)。そのシーンの撮影のときは、生駒里奈さんにモニターでチェックしてもらって助言を頂いて、2人で作ったりもしました。そちらも楽しみにしていてほしいです。全キャラクターが濃く、全員が怪しく見えるようなお芝居をしているので、ぜひこの会社に入った気持ちになって“次どうなるの?”と予想や答え合わせをしながら楽しんで観ていただけたらうれしいです。

【矢野恵子役・河邑ミク コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像5

人間は第一印象が肝心だと言いますが、矢野恵子は第一印象が最悪(笑)。でも、出てくるたびにどこか憎めない部分がちらほら見えてきます。共演者の方にも「矢野さんはなんか憎めない」と言っていただくことが多く、視聴者の方にもそこを楽しんでいただければと思います。シリアスなシーンも多いので、矢野が出ているシーンはほっとできるようなタイミングになればと思います。セットで登場するシーンが多いうらら役の水上京香さんとは、朝ドラ「わろてんか」(NHK)で共演した以来でしたが、初見の感じで挨拶に行ったら京香さんが覚えていてくれて「お久しぶりです」と返してくれて、変わらない関係性を築けています。普段はお笑い芸人としてライブに出ているので、他の俳優さんより声が大きかったみたいで、音声さんに苦労をかけてしまいました(笑)。放送では声量をいい感じに調整してもらえていると思うので、白熱しているところを見てほしいです。考察しがいがあって、自分が出ていなくても見ていただろうなと思うような作品です。視聴者の方は2回見たくなるかもしれません。結末がわかったうえで、もう一度キャラクター1人1人の演技を見直してほしいです。

【青田正義役・納谷健 コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像6

『猪又進と8人の喪女〜私の初めてもらってください〜』でお世話になった石田プロデューサーとまたご一緒できるということで、何でもやります精神で有り難く引き受けさせていただきました!刑事の役は初めてだったのでそれも嬉しかったです。普段は舞台でのお仕事が多く、培った経験を活かせればと私なりに挑ませていただきました。 青田正義は、名前から溢れるように、正義感が全て、と言いますか、言動に掴みどころが無いように見えてまっすぐ一本気な刑事です。と言った手前恥ずかしいですが、僕も似たところがあるなと思います。とても愛せる役です。 1話から目が離せない展開と、徐々に暴かれる真相、シリアスなだけじゃない作風が本作の見どころです。楽しみに追っていただけますと幸いです。

【峰岸英子役・鈴木ゆうか コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像7

サスペンス要素のある復讐エンターテイメントというジャンルが、自分が参加する上で新しいジャンルだったのでワクワクしました。原作マンガを読んで、すごくドキドキしたので、皆さんと上手に表現していけたらいいなと思います。私が演じた英子という役は、色々なものを抱えていて葛藤がある中でも強く生きている女性で、とても人間味を感じるキャラクターだと思っています。隠したいこともあるし、色々なことにもがいて自分らしい答えを見つけていく、最終的には芯のある女性なのかなと思います。ドラマを見ていただくと、ドキドキ感やハラハラする気持ちを一緒に感じてもらえると思うので、一緒に考察しながら楽しんでもらえたらいいなと思います。子どもが好きなので、子役の子と遊ぶ時間も楽しくて、癒やされました。お芝居をしているときも、その純粋な笑顔を思い出すぐらいでした。私自身は、お母さん役が初めてなので、そこも注目してもらいたいです。

【冴木雅代役・宮地真緒 コメント】

先の読めない復讐エンターテインメントドラマ『社内処刑人~彼女は敵を消していく~』が4/18よりDMM TV にて独占配信決定!KV、主題歌、追加キャスト解禁‼のサブ画像8

冴木雅代は、キャリアウーマンで女性社員の味方でもある営業部長の役です。オファーをいただき、率直に、できる上司に見えると思っていただいてうれしかったです。イメージの中の「こういう部長がいたらいいな」という人、特に女性に頼ってもらえるような上司になれるように頑張っています。原作を膨らませて、漫画のコマ割りの中にいないときに冴木がどういう顔をしていたのか想像しながら役を作っています。冴木はいい部長ですが、少し壊れてネジが外れている部分がたまにあるのがおもしろいんです。その匙加減を皆さんとご相談させてもらいながらバランスを見て演じています。どうなっていくのか、期待してください。毎週上がったり下がったり、急カーブがあったりちょっと回転してみたり、ジェットコースターなドラマだと思うので、ちょっとした表情や一言に注目して楽しんでください。SNSで感想・考察合戦になっているところが私は見たいです!

■作品概要

【タイトル】社内処刑人~彼女は敵を消していく~

【配信スケジュール】

 2024年4月18日(木)24時30分~DMM TVにて配信スタート 毎週木曜24時30分最新話追加

【視聴URL】https://tv.dmm.com/vod/detail/?season=u2jb3osze247475pc4e701uci

 ※配信スケジュールは変更となる場合がございます

 ※番組の視聴にはDMMプレミアム会員(月額550円)への登録が必要となります

 ※30日間無料トライアル中の方もご視聴いただけます

【放送時間】2024年4月18日(木)スタート 毎週木曜24時25分~(カンテレ・関西ローカル)

【キャスト】中村ゆりか、生駒里奈、猪塚健太、水上京香、河邑ミク、納谷健、鈴木ゆうか、宮地真緒

【主題歌】LOVE PSYCHEDELICO「Forgive me not」(ビクターエンタテインメント)

【原作】タナカトモ つかさき有「社内処刑人~彼女は敵を消していく~」(ぶんか社)

【エグゼクティブプロデューサー】吉條英希(カンテレ)

【監督】石田陽希(カンテレ)、玉木雄介、高杉考宏

【脚本】ニシオカ・ト・ニール、藤平久子、灯敦生

【プロデューサー】石田陽希(カンテレ)、清家優輝(ファインエンターテイメント)

【チーフプロデューサー】米田孝(カンテレ)

【制作著作】カンテレ 

【制作協力】ファインエンターテイメント

【番組公式HP】https://www.ktv.jp/shokei/

【ドラマ公式SNS】

公式TikTok: https://www.tiktok.com/@edge_ktv

公式X:https://twitter.com/edge_ktv

公式Instagram: https://www.instagram.com/edge_ktv


■「DMM TV」について

アニメを主軸に、バラエティや2.5次元舞台・ミュージカル、ドラマ、映画など幅広いジャンルのコンテンツを提供する、DMMの総合動画配信サービスです。月額550円(税込)の「DMMプレミアム」に加入することで、新作から独占配信作品、そしてオリジナル作品まで、アニメ約5,900作品、エンタメを含む19万本※のコンテンツをスマートフォン・PC・TVアプリなどからお楽しみいただけます。

※ 2024年4月現在

・「DMM TV」:https://tv.dmm.com/vod/

・「DMMプレミアム」:https://premium.dmm.com/welcome/

【「DMM TV」公式SNS】

公式X:https://twitter.com/DMMTV_PR

公式X(アニメ):https://twitter.com/DMMTV_ANIME_PR

公式X(2.5次元・舞台):https://twitter.com/DMMTV_BUTAI_PR

公式YouTube:https://www.youtube.com/@dmmtv

公式YouTube(アニメ&声優):https://www.youtube.com/@dmmtv-anime

公式Instagram:https://www.instagram.com/DMMTV_PR/

公式TikTok:https://www.tiktok.com/@dmmtv_pr

公式TikTok(アニメ&声優):https://www.tiktok.com/@dmmtv_anime_pr

■合同会社DMM.comについて

会員数4,101万人(※)を誇る総合サービスサイト「DMM.com」を運営。1998年の創業以来、多岐にわたる事業を展開し、現在は60以上のサービスを運営。動画配信や電子書籍、アニメなどの多様なエンタメサービスに加え、3Dプリントや消防車・救急車の開発といったハードウェア分野、web3やAIなど最先端のテクノロジーを取り入れた事業など、様々な事業を手掛けています。2022年にはサブスクリプション会員システムの「DMMプレミアム」を立ち上げ、あらゆるエンタメ体験をシームレスにつなぐ「マルチエンタメ・プラットフォーム」の創造を目指しています。今後も、コーポレートメッセージ「誰もが見たくなる未来。」とともに、変化と進化を繰り返しながら、新たな事業に挑戦してまいります。

※2023年2月時点

企業サイト:https://dmm-corp.com/

プレスキット:https://dmm-corp.com/presskit/

公式オウンドメディア:https://inside.dmm.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments