水曜日, 2月 28, 2024
ホーム未分類ADULT K-POPグループ・K4スペシャルLIVEオフィシャルライブレポート

ADULT K-POPグループ・K4スペシャルLIVEオフィシャルライブレポート

ADULT K-POPグループ・K4スペシャルLIVEオフィシャルライブレポート | 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ レガシープラスのプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001607.000020808.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/20808/1607/20808-1607-5b85b0c7a62d00a709932defd3cf592d-3900×2602.jpg?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=480&height=360“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

ADULT K-POPグループ・K4スペシャルLIVEオフィシャルライブレポート

昨今のK-POPとは一線を画する歌をじっくり聴かせる“ADULT K-POP”グループ・K4。先月10月18日にミニアルバム「「K4YOU ~K for you~」をリリース以来、各地のリリースイベントやメディアを通じて披露される圧倒的な歌唱力とハーモニーがじわじわ話題となっている韓国人男性4人組ヴォーカルグループです。K4が、11月23日(木・祝)都内にてスペシャルLIVEを開催しました。

これまでのリリースイベントは、ショッピングモールなどでほぼK4を知らない人々に向けて歌を届けてきましたが、このイベントはCD購入者が対象のイベントということで、よりK4のメンバーのキャラクターが見える構成と演出。「K4YOU・・・」は韓国ドラマを彩った名曲のカバーアルバムですが、そこでは収録されていない一曲、超人気ドラマ「梨泰院クラス」の主題歌「Start Over」からスタート。つづいて「Touch Love」(ドラマ「主君の太陽」劇中曲)、韓流の原点ともいえる「最初から今まで/冬のソナタ」 という「K4YOU・・・」収録の韓ドラカバー曲を、美しいハーモニーで聴かせます。

ここから、日本のイベントでは初披露となるソロのコーナー。トップバッターは、最年少メンバーのジュン。ジブリ映画「ハウルの動く城」より「世界の約束」。ジュンは日本のアニメが大好きで、この曲は10歳の頃から聴いてきたといいます。つづいてはフィリップ。ファンの方からリクエストで、SNSにアップしていた清水翔太さんの名曲「花束のかわりにメロディーを」を人前で初めて披露。つづいてジュジュ。K4が結成されたオーディション番組「ハロー・トロット」(トロットとは“韓国の演歌・歌謡曲”といわれる、ここ数年韓国で人気が再燃しているジャンル)で1位を獲得した彼は、美空ひばりさんの「川の流れのように」に挑戦。そして、ラストはリーダーであるヒョンミン。このイベントの数日前にライブを鑑賞し感涙したという玉置浩二さんの「メロディー」 を歌い上げました。

そして、4人で日本のドラマ「義母と娘のブルース」の主題歌であるMISIAさんの「アイノカタチ」 を披露。「私たちは。韓国ドラマのカバーアルバム『K4YOU』で日本プレデビューしました。そして、今日のライブで初めて日本のドラマの曲に挑戦しました。とても素敵な曲ですぐに大好きになった曲でした。これからも日本の素晴らしい曲を探して皆さんに披露したいと思います。」と語り、ソロ~初披露のカバーコーナーは終了しました。

終盤は「K4YOU・・・」収録の楽曲で盛り上げました。中島美嘉さんがオリジナルで韓国ドラマ「ごめん、愛してる」の劇中で使用され韓国で大ヒットした「雪の華」、ドラマ「花郎<ファラン>」より珠玉のバラード「Our Tears」、そしてラスト曲は、オリジナルはSHINeeが歌ったドラマ「花より男子」の劇中曲「Stand By Me」。K4のライブでは定番として盛り上がるPOPな一曲ですが、ジュンが「この曲のタイトルのように、ずっと私たちのそばにいてください」という紹介とともに曲が流れ、いつもより一層、歌のメッセージが届いているようです。そして、アンコールに応えて、マイクスタンドを携えて登場した4人は、22年9月リリースの韓国でのデビューシングル「Love Storm」を披露。ラテンのリズムに乗せた煽情的なアクションで、観客を熱狂させました。曲の終わりに「僕らは来年春にシングルで日本デビューすることが決まりました。次はオリジナル曲で皆さんと会いましょう!」と本格的な日本デビューが発表され、観客から拍手と歓声が巻き起こりました。「私たちは日本で一番愛される韓国人歌手になりたいです。これからも応援宜しくお願いします!!」という夢を語ったK4。ソロも含めて、大きな可能性を感じさせるパフォーマンスは、その夢に向けて確かな手応えを感じさせるライブとなりました。

キム・ヒョンミンキム・ヒョンミン

オ・ジュジュオ・ジュジュ

リュ・フィリップリュ・フィリップ

チョ・ジュンチョ・ジュン

また、彼らのヒストリー映像「What’s K4」オフィシャルYouTubeにアップされました。

「ハロートロット」での彼らの歌唱など、日本では初公開となる貴重映像が満載。

じわじわと話題になってきているK4を、深く知ることのできる動画コンテンツです。

https://www.youtube.com/@K4japanofficial

そして、12月にリリースイベントが追加決定しました。

【日程・会場】

■12月5日(火) イオンモール東久留米 1Fイオンリカー前特設ステージ

第1部 13:00 / 第2部 15:00

■12月9日(土) たまプラーザ テラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート

第1部 16:00 / 第2部 17:30

■12月17日(日)  テラスモール湘南 1F ゲートスクエア そらかぜステージ

第1部 12:00 / 第2部 14:00

■12月19日(火) イオンモール北戸田 1Fセントラルコート

第1部 13:00 / 第2部 15:00

■12月22日(金)  イオンモール上尾 1Fサウスコート

第1部 12:00 / 第2部 14:00

10月に開催して、好評を博した東急歌舞伎町タワー2階「FIRST STAGE」でもミニライブを開催します。

■「FIRST STAGE」ライブ

12月4日(月)19:00~

12月18日(月)19:00~

詳細はこちらをご確認ください。

URL https://www.sonymusic.co.jp/artist/K4/info/557498

K4日本プレデビューミニアルバム「K4YOU ~K for you~」 now on sale

韓ドラを彩った名曲カバー5曲収録!!

M-1 Touch Love(from「主君の太陽」)(3’44”)

M-2 Our Tears(from「花郎<ファラン>」)(4’23”)

M-3 Stand By Me(from「花より男子」)(4’00”)

M-4 最初から今まで(from「冬のソナタ」)(4’27”)

M-5 雪の華(「ごめん、愛してる」)(5’04”)

価格2,000円(税込) BSCD2 MHCL-30922

ブックレット20P 歌詞(韓国語・読み・日本語訳)

K4まとめリンク https://lit.link/k4officiallink

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments