日曜日, 6月 26, 2022
ホームイベントアソビシステムとサーキュレーションが「アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜」を開催しました

アソビシステムとサーキュレーションが「アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜」を開催しました

青柳文子、谷奥えま、谷奥えり、金原麗子4名とのディスカッションイベントを実施

アソビシステム株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長 中川 悠介、以下 アソビシステム)と株式会社サーキュレーション(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長 久保田 雅俊、以下 サーキュレーション)は、ソーシャルデベロップメント推進プロジェクトの信澤みなみ氏をナビゲーターに迎え、「アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜」の第一回目を共催しました。

アソビシステムとサーキュレーションが「アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜」を開催しましたのサブ画像1

■イベント開催の背景
近年目にする機会が増えた”SDGs”や”サステナビリティ”といった言葉について、企業における取り組みも進む中、特に若者を中心に、生活者一人ひとりの行動意識も高まっています。クロスマーケティング社の「SDGsに関する調査(2021年5月)」ではSDGsの認知率は67%と、2019年の14%から2年間で約4倍となりました。また、電通による第4回「SDGsに関する生活者調査」でも2020年3月の第3回調査から認知率は倍増し、「コロナ禍を経てSDGsへの関心が高まった」人は32.4%と、この数年間で急速に関心が高まった分野であることが伺えます。

アソビシステムにはSDGsに興味関心を持っているタレントが多く所属していることから、これまでもファッション / ライフスタイルの視点でオーガニック〜サステナブル製品の紹介、SDGsイベントへの登壇などを通じて、社会課題と向き合ってきました。

こうした背景から、今回、サステナビリティ分野について普段から活動や発信を行っている所属タレント4名とのクローズドディスカッションイベントを開催しました。アソビシステムが運営するカルチャーメディアASBSにて、3回に分けてイベントレポートを公開します。

■イベントレポート(全3回)
第1回 記事URL:https://asbs.jp/archives/64808
第2回 2022年1月公開予定
第3回 2022年2月公開予定

■アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜

 

イベント概要:
SDGsは実はもっと身近に考えられるって本当?
若い世代を中心に注目されているSDGs。17個の目標の中には意外に身近なものも。
ナビゲートするのは企業や自治体とSDGsを推進するプロフェッショナル・信澤 みなみ氏。
明日から始められるアクションを、私たちと一緒に考えてみませんか?
 

アソビシステムとサーキュレーションが「アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜」を開催しましたのサブ画像2

参加者:
青柳文子
谷奥えま・谷奥えり
金原麗子

ナビゲーター:
サーキュレーション ソーシャルデベロップメント推進プロジェクト 信澤みなみ氏

■本件に関するお問い合わせ先
アソビシステム株式会社
https://asobisystem.com/company/

サーキュレーションサステナビリティページ
https://circu.co.jp/sustainability/
 

アソビシステムとサーキュレーションが「アソビサイクル〜わたしから始めるSUSTAINABILITY ACTION〜」を開催しましたのサブ画像3

 

  • 企業概要

会社名:アソビシステム株式会社
公式HP:https://asobisystem.com/
代表者:代表取締役 中川悠介
所在地:東京都渋谷区神宮前3-21-8 ASOBIFACTORY
“ブームを作ることよりも、カルチャーを創る。今の時代に発信すべき「アソビ」をもっと。”きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、増田セバスチャンなど、日本のポップカルチャーを牽引するアーティストを擁するカルチャープロダクション。原宿を拠点に国内外で幅広く展開する。

会社名:株式会社サーキュレーション
公式HP:https://circu.co.jp/
代表者:代表取締役社長 久保田 雅俊
設立:2014年1月6日
所在地:東京都渋⾕区神宮前3-21-5 サーキュレーションビルForPro
「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」というビジョンのもと、外部プロ人材の経験・知見を複数の企業で活用するプロシェアリング事業を運営しています。高い専門性を有するプロ人材の経験・知見を雇用ではなくプロジェクトベースで活用頂くことで、企業の抱える課題の解決、ミッションの達成を支援します。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments