水曜日, 2月 28, 2024
ホーム経営情報HYBE、ラテン市場への本格進出に向けて現地法人を設立

HYBE、ラテン市場への本格進出に向けて現地法人を設立

-メキシコ所在法人「HYBE LATIN AMERICA」を拠点にラテン音楽市場への影響力強化へ
– ラテンコンテンツの権威であるExile Contnt創業者のIsaac Leeが取締役会会長に就任
-現地コンテンツ会社とパートナーシップを構築し、アーティスト育成及びコンテンツ開発計画も

HYBE、ラテン市場への本格進出に向けて現地法人を設立のサブ画像1

HYBEは11月13日、メキシコ所在法人「HYBE LATIN AMERICA」を設立することを発表しました。現地法人新設を通じてラテンアメリカ音楽市場に本格進出するとともに、世界で最も急速に成長している音楽市場の一つであるラテンアメリカでの影響力拡大を目指していきます。

「HYBE LATIN AMERICA」は、HYBE LABELSアーティストのラテン市場進出の足がかりとなり、また、新人アーティストの育成やコンテンツを開発するための拠点となります。

HYBE LATIN AMERICAでは、アーティストマネジメントと新人発掘・育成事業を並行していく予定です。このため、トップクラスのプロデューサーを迎え入れ、現地に最適化されたT&D(Training & Development)とA&R(Artist & Repertoire)体制を構築していきます。中長期的には、確立されたK-POPシステムをラテンジャンルに取りこんでいくことも念頭に置いています。

HYBE LATIN AMERICAの理事会議長には、ラテンコンテンツ市場の権威として知られるExile Contents創業者のIsaac Leeが加わります。Isaac Leeは、世界最大のスペイン語コンテンツテレビチャンネルであるユニビジョン・コミュニケーションズとテレビザの最高コンテンツ責任者(Chief Content Officer)を歴任してきました。Netflixとアンテナ3、Amazon、HBC、ナショナルジオグラフィック、ディズニーなどで放映された映画やドキュメンタリーのプロデューサーとしての経験もあります。

Isaac Leeの合流を機に、HYBE LATIN AMERICAとExile Contentsは全面的なパートナーシップを構築することになりました。HYBE LATIN AMERICAとExile Contentsの橋渡し役を担うIsaac Leeは、ラテン市場に最適化されたコンテンツ制作はもちろん、グローバルメディア企業とのパートナーシップ形成なども進めていく予定です。

HYBE LATIN AMERICAは発足に先立ち、Exile Contents傘下のレーベルであるExile Musicを買収しました。これはラテン市場での存在感発揮を加速するための布石であり、Exile Musicは、レコーディングやミュージックパブリッシング、アーティストマネジメント、公演企画などの事業を展開してきました。

2022年時点で、ラテンアメリカのレコード及び音源市場の市場規模は13億ドル(約1,970億円)と推定されており、前年比で26.4%の成長を見せています。同じ期間に、全世界のレコード及び音源市場規模の成長が9%であることに鑑みると、ラテン市場がいかに急成長しているかを推察することができます。

ポップスの本場アメリカでもラテン音楽の人気は高く、歴代ビルボードHOT 100チャートのトップ10にランクインした非英語曲は計35曲、そのうちスペイン語曲が19曲で過半数を占めています。ルイス・フォンシの「Despacito」やバッド・バニーの「I Like It」など、ラテン市場でブームを巻き起こした曲がビルボードHOT 100の最上位にランクインしたこともあります。スペイン語は世界で4番目に人口が多い言語であり、アメリカでも約20%の人口がスペイン語を話しています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments