月曜日, 6月 27, 2022
ホームイベントオンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6

~最優秀賞は『万物流転(ばんぶつるてん) 制作:大阪芸術大学 チームわびさび』実質100%再生可能エネルギー運営で、SDGsの普及にも貢献~

映像の企画から制作、編集、配信・流通に至るまでを、グローバルにワンストップでお届けする株式会社IMAGICA GROUP(本社:東京都港区、代表取締役社長:布施 信夫)のグループ会社である株式会社ピクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中祖眞一郎)と株式会社IMAGICA EEX(イマジカ イークス  本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CCO:諸石治之)が運営する東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会は、【東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6最終審査・上映会】を去る11月13日(土)に東京ビッグサイトにて無観客オンライン形式で開催し、過去最高となる、のべ22万人が視聴しました。

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像1

第6回目にあたる今回のテーマは『NEW ERA(新しい時代)』。国内外多くの応募の中から選抜されたプロジェク
ションマッピング映像12作品が、東京ビッグサイトの壁面に投影され、クリエイティブ業界の第一線で活躍する審
査員により、最終審査が実施されました。

最優秀賞は、大阪芸術大学のチーム「わびさび」が制作した『万物流転(ばんぶつるてん)』、優秀賞は、京都精
華大学のチーム「S2Y」が制作した『JUNCTION(ジャンクション)』と、日本デザイナー学院のチーム「いういうば」が制作した『It's my NEW ERA!』、審査員特別賞は、東京コミュニケーションアート専門学校のチーム「ただの田中」が制作した『Deeping』が受賞しました。

イベントMCはハリー杉山さんが務め、その様子はtwitter、YouTube、公式サイト等のオンラインで配信、昨年を上回る約22万(のべ217,681人)の方々にご視聴いただき、現在も見逃し配信を実施しています。

また、本年は本イベントにかかる電力を実質100%再生可能エネルギーで運営し、上映画面でもSDGsの訴求を
することで、SDGsの普及に貢献しました。今後も若手人材の育成と新しいテクノロジーの普及、まちの賑わいの創出などを通してサステナブルな社会の発展に貢献してまいります。

当社グループは、映像を軸に、次世代を担うクリエイターの育成を支援するとともに、新たなエンタテインメント
の価値創出に挑戦し続け、これからも「世界の人々に”驚きと感動”を与える映像コミュニケーショングループ」を目指してまいります。
 

  • <東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6 実施概要>

●受賞チーム
最優秀賞 作品名:万物流転 学校名:大阪芸術大学 チーム名:チームわびさび

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像2

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像3

優秀賞 作品名:JUNCTION 学校名:京都精華大学 チーム名:S2Y

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像4

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像5

優秀賞 作品名:It's my NEW ERA! 学校名:日本デザイナー学院 チーム名:いういうば

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像6

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像7

審査員特別賞 作品名:Deeping 学校名:東京コミュニケーションアート専門学校 チーム名:ただの田中。

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像8

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像9

●決勝ノミネートチーム
作品名:Forward 学校名:日本電子専門学校 チーム名:7seasons
作品名:Vuja De 学校名:東京造形大学 チーム名:まぁぶる
作品名:PUSH 学校名:城西国際大学 チーム名:パーティタイム
作品名:盛衰興亡 学校名:日本工学院八王子専門学校 チーム名:Bee
作品名:Story of Noodle 学校名:千葉商科大学 チーム名:Fortuna
作品名:hopeful sign 学校名:城西国際大学 チーム名:TEAM KIOI
作品名:Re:Earth 学校名:大妻女子大学 チーム名:From.九ノ壱
作品名:バタフライエフェクト 学校名:佐賀大学 チーム名:猫ぷろれす

●審査員 ※五十音順・敬称略

 

あさぎーにょ(YouTuber / クリエイティブアーティスト)
川本 康(玄光社『コマーシャル・フォト』統括編集長)
シシヤマザキ(アーティスト)
橋本 大佑(演出家 / アニメーション作家 / 視覚芸術アーティスト)
森内 大輔(NHK 営業局 戦略企画部 副部長)
 

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像10_あさぎーにょ氏あさぎーにょ氏

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像11_川本 康氏川本 康氏

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像12_シシヤマザキ氏シシヤマザキ氏

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像13_橋本 大佑氏橋本 大佑氏

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像14_森内 大輔氏森内 大輔氏

オンライン開催で過去最高、のべ約22万人が視聴! 国内外の若手空間映像クリエイター育成と新しいテクノロジー普及を目指した東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6のサブ画像15_ハリー杉⼭氏ハリー杉⼭氏

●MC ※敬称略
ハリー杉⼭

 

 

1985 年東京都⽣まれ。⽇本語、英語、中国語、フランス語の4 か国語を操る卓越した語学⼒を持ち、司会、リポーター、モデル、俳優などマルチに活躍している。主な出演番組にフジテレビ「ノンストップ︕」ほか、J-WAVE 「POP OF THE WORLD」、NHK「どーも、NHK」、NHK BS1「ランスマ倶楽部」などレギュラー出演多数。

●各賞/副賞
応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。
最優秀賞(賞⾦30 万円、トロフィー、賞状)
優秀賞(賞⾦15 万円、トロフィー、賞状)
審査員特別賞(賞⾦10 万円、トロフィー、賞状)

●開催概要
東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.6
日時:2021 年11 月13 日(土)
上映会 18:00〜19:50 / 表彰式 19:50〜20:20 / フィナーレショー 20:20〜20:30
会場:東京ビッグサイト会議棟前広場 オンラインにて無料配信 https://pmaward.jp
実施概要:大学生、専門学校生、高校生対象のプロジェクションマッピングコンテスト
主催:東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
特別協賛:株式会社東京ビッグサイト、株式会社IMAGICA GROUP
パナソニック株式会社/パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
後援:経済産業省、東京都港湾局、江東区、日本科学未来館、TCVB(公益財団法人東京観光財団)、CG-ARTS(公益財団法人
画像情報教育振興協会)、VIPO(特定非営利活動法人映像産業振興機構)、一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)
メディアパートナー:CGWORLD、映像新聞、MAXON Computer、月刊サイン&ディスプレイ、
COMMERCIAL PHOTO、東京お台場.net、テレ朝POST
特別協力:ゆりかもめ、りんかい線
協力:株式会社Box Japan、株式会社ワコム、株式会社フジテレビジョン、ヴィーナスフォート、ダイバーシティ東京 プラザ、
デックス東京ビーチ、東京ベイ有明ワシントンホテル、東京ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート、ホテルトラスティ東京ベイ
サイド、東京ベイ・クルーズレストラン シンフォニー、Kawasaki Robostage、有明ガーデン
企画/制作:株式会社ピクス、株式会社IMAGICA EEX

●公式サイト/SNS
公式サイト:https://pmaward.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/pmaward.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/pmaward_jp
公式note:https://note.com/pmaward/
 

 

©東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
 

  • 株式会社ピクスについて

「独創性と革新性」を常に心がけ、新しい感受性を持った映像を通し、人の心に「楽しい驚き」を提供します。
会社名:株式会社ピクス
代表者:代表取締役社長 中祖 眞一郎
設立:2000年4月25日
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-9-19 サイシンビル
事業内容:映像(CF、MV,プロジェクションマッピングほか)・デジタルコンテンツの企画・制作、空間デザイン・設計・制作・施工、ライブ・エンタテインメントに関わる映像制作、IPコンテンツの企画・開発、クリエイターマネジメント業務 
URL:https://www.pics.tokyo/
 

  • 株式会社IMAGICA EEXについて

「体験を拡張し、未来を創造する」をミッションに、新しい世界観「ニューノーマル(新常態)」における、今までにない新しいエンタテインメント体験機会の創出を実現し、豊かな暮らしと⽂化の発展に貢献してまいります。
会社名 :株式会社IMAGICA EEX (イマジカ イークス)
代表者 :代表取締役CEO兼CCO 諸石治之
所在地 :〒105‐0022 東京都港区海岸一丁目14番2号
設立:2020年7月3日
事業内容:エンタメテックビジネスの事業企画、戦略的投資、技術およびIP開発
URL:https://eex.co.jp/
 

  • 株式会社IMAGICA GROUPについて

1935年の創業以来、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続け、これからも「世界の人々に”驚きと感動”を与える映像コミュニケーショングループ」を目指してまいります。
会社名:株式会社IMAGICA GROUP(東証一部上場、証券コード:6879 イマジカG)
代表者:代表取締役会長 長瀬文男
代表取締役社長 社長執行役員 布施信夫
所在地 :〒105‐0022 東京都港区海岸一丁目14番2号
創立:1935年2月18日
資本金:33億6百万円
事業内容:映像コンテンツ事業、映像制作サービス事業、映像システム事業等を営むグループ会社の事業の統括
URL: https://www.imagicagroup.co.jp/

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments