水曜日, 10月 5, 2022
ホーム商品サービスBOYS AND MENとタイアップ!「ボイメン~Next Stageプロジェクト」を始動

BOYS AND MENとタイアップ!「ボイメン~Next Stageプロジェクト」を始動

~第一弾は、ボイメン誕生までを描いたオリジナルマンガの配信~

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:永田勝美、以下 NTTぷらら)は、名古屋発エンターテインメントグループ“BOYS AND MEN”とタイアップしたプロジェクト「ボイメン~Next Stageプロジェクト」を始動し、第一弾として、BOYS AND MEN誕生までのストーリーを描いたオリジナルマンガ「僕らのあしあと ~A "BOYS AND MEN" ストーリー」を発刊することを決定しました。「僕らのあしあと ~A "BOYS AND MEN" ストーリー」は、2022年1月にWebマンガとして配信を開始します。

BOYS AND MENとタイアップ!「ボイメン~Next Stageプロジェクト」を始動のサブ画像1_©ひかりTV ©FORTUNE ENTERTAINMENT©ひかりTV ©FORTUNE ENTERTAINMENT

 

NTTぷららが運営する映像配信サービス「ひかりTV」では、BOYS AND MEN(以下、ボイメン)が出演するオリジナル番組「ボイメンのギャラ100!」や「熱血!ボイメン体育祭」を製作し、また、ライブステージなど数多くのボイメンコンテンツを配信してきました。このたび、ボイメンの新たな魅力を、番組やライブの映像だけでなく、その他のコンテンツを通じて幅広く発信してきたいと考え、本タイアッププロジェクトをスタートすることとなりました。

第一弾は、メンバーそれぞれのエピソードを交えたオリジナルマンガ「僕らのあしあと ~A "BOYS AND MEN" ストーリー」を製作します。彼らは何を目指したのか、どのような青春時代を過ごしどのようにして悩みを乗り越えてきたのか、今まで明かされることのなかった彼らの原点をお見せします。監修・原作はさまざまな分野でマルチに活躍する中村 航と作道 雄が、作画は漫画家・イラストレーターとして活動するアメノが担当します。実力派制作陣が手掛ける本マンガは、ファンのみならず多くの方にお楽しみいただけます。
 なお、本マンガを配信する電子書籍サービスなどの詳細は、特集サイト(https://bm-nextstage.com/comic)で順次お知らせします。

NTTぷららは、今後も、映像、書籍、ゲーム、ショッピングなど当社が運営するさまざまなサービスから、それぞれに魅力的なコンテンツを発信し、お客さまの心を満たすエンターテインメントをお届けしていきます。

■作品概要
タイトル   :僕らのあしあと ~A "BOYS AND MEN" ストーリー
内容     :1巻(全8話)
監修・原作  :中村 航/作道 雄
作画     :アメノ
販売形態   :電子書籍

■BOYS AND MENについて
2010年に結成された東海エリア出身・在住のメンバーで構成された8人組エンターテイメント集団。 現在、東海エリアを中心にテレビ・ラジオのレギュラーを多数持ち、 ソロとしてもドラマ、映画、バラエティ番組出演などさまざまな分野で活躍中。

■制作者について
【中村 航】
小説家。2002年「リレキショ」にて第39回文藝賞を受賞しデビュー。「夏休み」「ぐるぐるまわるすべり台」は芥川賞候補となる。ベストセラーとなった「100回泣くこと」ほか、「デビクロくんの恋と魔法」「トリガール!」等映像化作品多数。アプリゲームがユーザー数全世界2000万人を突破したメディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」のストーリー原案・作詞等幅広く手掛けており、若者から支持を得ている。

【作道 雄】
映画監督・脚本家。1990年大阪府茨木市生まれ。2018年、映画「神さまの轍」で劇場映画監督デビュー。
ほか、映画「いのちスケッチ」「鬼ガール!!」の脚本など。
2021年秋には、脚本作「光を追いかけて」と、監督作「劇場版 1979 はじまりの物語」の二作が劇場公開される。
商品開発のプロデュースや小説執筆なども行っている。

【アメノ】
漫画家・イラストレーター。2018年、pixivコミック月例賞の大賞を受賞。白泉社「死神憑きの天宮さん」で漫画家デビュー。スクウェア・エニックス「ヤクザの大親分が幼女に生まれ変わった話」連載中のほか、秋田書店 「HiGH&LOW THE WORST 鳳仙学園日誌」などを手掛ける。

□ひかりTV(ティービー)について
ネットを通じてご自宅のテレビやパソコン、スマートフォン・タブレット端末などさまざまな機器*1で、人気の映画やドラマ、アニメなどのビデオ作品や専門チャンネル、さらにはクラウドゲームや音楽配信サービスなどをお楽しみいただける総合ライフエンターテインメントサービスです。NTTぷららのコーポレートミッションである「コミュニケーションテクノロジーで心躍る体験を贈る」の実現に向け、ひかりTVでは、お客さまの心躍る、心を満たす映像や体験を提供しています。詳しくは、ひかりTVホームページ(https://www.hikaritv.net/)をご覧ください。 
*1一部利用できないサービスがあります。 

※本文に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

Recent Comments